2010年12月06日

(31)敗退

 負けました。今年のチームには力がある。その力を出し切れば、絶対に勝てる。そう信じ切っていた僕には、衝撃的な敗戦。このコラムを書く気力さえ失せてしまうほどのつらい結末でした。
 いやな予感はありました。6日前、リーグ戦の最後に戦った関大の「負けっぷり」にあまりに余裕があったからです。前半に早々とリードされ、後半に入っても、関学の守備陣に対応できないと見ると、彼らはさっさとその日の試合の目的を変更。無理して追いつき、逆転しようとするよりも、ファイターズの戦術を見極め、弱点を探ることに集中していたかのように見えました。
 案の定でした。リーグ戦最終の試合から6日後に再開した代表決定戦では、彼らはファイターズのランプレーを止めることに集中。見事な対応をしてきました。その結果、ファイターズは中央のランプレーをことごとく止められ、攻撃は次第に手詰まりになっていきます。エースの松岡君が負傷で退いた後は、ますますプレーの幅が狭くなり、わずかにRB稲村君へショベルパスだけが進むというありさまです。
 もともと関大は、能力の高いDB陣を中心に、ファイターズのパスプレーに対処するノウハウを持っているようです。それは春の関関戦で、QB加藤君からWR松原君への長いパスがことごとく封じられたことをみても、証明されています。あとはランアタックを止めれば、短いパスを少々通されても、ロースコアの戦いに持ち込めると見極めたのでしょう。実際、試合後の統計をみても、ファイターズのラン攻撃をわずか26ヤードに封じ込めています。
 これに対して、ファイターズの戦いはどうだったでしょう。記録を見ると、タイブレークを含め、パスは21回投げて成功15回、獲得距離は151ヤード。一方、ランは32回の攻撃で26ヤードです。関大の守備陣がファイターズのランアタックを完封したといってもよいでしょう。
 結局、試合は互いにフィールドゴール(FG)で3点を獲得しただけで延長戦。互いにゴール前25ヤードから攻めるタイブレークにもつれ込みました。延長戦になると、ランプレーを完封していることが関大には自信になり、ファイターズにとっては、大いなる気がかりだったと思います。
 実際、最初の攻防では、先攻のファイターズが関大のアグレッシブな守備に陣地を後退させられ、52ヤードからFGを狙わなければならないことになりました。飛距離も正確性もあるK大西君でも、この距離は厳しい。わずかに届かず、後攻めの関大が圧倒的な優位に立ちました。
 しかし、この場面で主将の平澤君を中心に守備陣が奮起、38ヤードからトライした相手のFGを見事にブロックし、失点を食い止めました。
 延長戦2度目の攻撃。ファイターズは加藤君から松原君へのパス、稲村君へのショベルパスで相手ゴール前2ヤード、ダウン更新まで約1ヤードと迫りました。この距離を中央のランプレーで突破しようとしますが、それが失敗。結局、FGに追い込まれます。大西君がそれを成功させましたが、得点は3点にとどまりました。逆に、関大は5ヤードのランとゴール前2ヤードに迫るパスでダウンを更新。今度は中央のランを一発で決めてTD。堂々の勝利を収めました。
 試合後、鳥内監督は「僕の判断ミス(第4Qゴール前14ヤードからの攻撃でFGを狙わず、K大西君を走らせるギャンブルプレーが失敗した場面)を含め、プレー選択のミスが多過ぎました。あれでは勝てません」と述べ、悔しい気持ちを抑えきれない様子でした。
 例えば、さきのゴール前2ヤード、ダウン更新まで1ヤードという場面です。中央のプレーがなぜ止められたのか。この試合でもショートヤードを何回か止められていました。別の選択肢はなかったのでしょうか。
 ファイターズには加藤君という有能なQBがおり、レシーバーにも人材がそろっています。ランとパスを駆使して相手を幻惑させる多彩なプレーも持っています。なぜ、それが有効に機能しなかったのでしょうか。もちろん、そこには部外者の知りえない戦術的な状況や判断が絡み合っていると思います。結果論で言うべきことではないということも頭では理解しています。
 ただ、ファイターズは、少なくともこの十数年、たとえ戦力的に劣勢を強いられているとしても、彼我の戦力や士気の高さを冷静に見極めて戦術を選び、相手に力を発揮させないまま勝機を見つけることのできるチームでした。悔しいけれど、今年はその芸が見られないままの敗退。攻守とも死力を尽くして戦ってくれただけに、心残りのある敗戦でした。来シーズンの巻き返しに期待しています。
  ◇    ◇
 ファイターズの敗退をもって、今季の「スタンドから」は終了します。もっともっと長いシーズンになることを期待していましたが、残念です。この悔しさを抱きしめ、来年こそ、という気持ちで雌伏します。
 来春、またお目にかかりましょう。ご愛読ありがとうございました。
posted by コラム「スタンドから」 at 10:49| Comment(25) | in 2010 season
この記事へのコメント
ファイターズの選手・スタッフ全員に、『お疲れ様でした。沢山の感動を有難う!君たち全員、青の戦士として本当に良く頑張った!』と御礼を申し上げたい。

石井さんが書かれている通りだと思います。
コーチ陣は、猛省し、次年度に同じ轍を踏まぬように改革を進めて頂きたいと感じる一年でした。

体を張って、ボロボロな状態で、試合にで続けた選手や、それを支えてきたご家族・スタッフの苦労を考えると、良くここまで戦ってくれたと思います。
今でも、涙が出ます。

今年は、春から、怪我人が多すぎです。また、戦術面でも、、、、、、サイドラインのコーチ陣が浮き足立ち過ぎです。学生と同じぐらいに『熱く』一年取り組まれましたか?と聞きたいぐらいです。

この試合が全てを物語っていたように見受けられます。

もう、次に向けて動きはじめています。
本当に、この試合を次に活かして下さい。お願いします。

4回生の皆様、結果は残念ですが、あなたたちの取り組みと姿勢には、本当に感動と力を貰いました。これからも新しい道で頑張って下さい。
3回生は、新生ファイターズの構築に向けて頑張って下さい。甲子園経験者はいない状態です。その白紙の状態から、新たな挑戦を期待しています。

最後に、本当に有難う!
Posted by 学生達に感謝 at 2010年12月06日 12:06
この3年間同じ事の繰り返しは選手・スタッフ・OB・ファンにとってやりきれないシーズン幕切れになりました。石井さんのコラムから伝わる学生達の熱い気持ちは毎年同じような気がします。2008年早川主将から試合中のベンチワークで負けた試合がこう毎年続くようでは昨年からの3強時代さえ保てず3位ねらいのファイターズになってしまいます。石井さんの最後の「この悔しさを抱きしめ、来年こそ、という気持ちで雌伏します。」というコメントは毎年悔しさを胸に去っていく4回生には通用しないのですから・・・
Posted by 天の声 at 2010年12月06日 12:57
 石井先輩がお書きになっているように、今回の敗戦は、ここ数年来の負けとは、悔しさの質が違うように感じています。
 学生だった70年代後半から関学の試合を見ています。選手個々の体格や能力では負けていても、そのハンディキャップをフットボールの理解で補ってきたのが関学だったとのイメージを持っていましたが、今回は逆ではなかったでしょうか。
 今年のチームは、選手のレベル、戦力で立命、関大に劣っていると思えませんでした。これまでの伝統的なイメージなら、チャンピオンになるべきシーズンだったと思っています。
 ところが、これまで関学の特徴であった頭脳、つまりゲームプランやプレーコールの面で立命、関大に追いつかれ、あるいは上回られて、伝統的なアドバンテージがなくなっていた。今回の敗戦で、それに気付かされました。
 素晴らしい4年生たちのことを思うと、もったいなかったとしか言いようがありません。残念です。
Posted by 応援してます at 2010年12月06日 13:00
残念です。ディフェンスは完璧に近かかつたですが、点を取らないと始まらないですね、来シーズンはあえて無理を承知でディェンスコーチに全試合完封でお願いしますと言いたい。いい素材がいるし期待しています。負けないチームにして欲しい。
Posted by noeのファイタq−ズファン at 2010年12月06日 13:09
今年も甲子園でお会いすることはできませんでしたね。やはり甲子園ボウル関西代表は「青」が似合うと思います。来年こそはお待ちしています。
Posted by 関東リーグファン at 2010年12月06日 14:42
皆様のコメントを拝見していますと、全てポイントは同じですね。
07年のコーチ体制に戻しては如何ですか?
08以降、更には09年と今年とドンドン悪くなっているようで心配です。
逆に、立命・関大は年々上向いているようで、心配です。

本当に宜しくお願いします。
Posted by 感じる所は、皆同じ at 2010年12月06日 14:44
コーチ、選手をはじめチーム全員のみなさんに心からお疲れ様と言いたいです。胃の痛むゲームが続いて、しかも全責任を負う監督には大変なシーズンだったと思います。
最終戦、わたしが最も印象に残っているのは、7番が負傷、退場して行く際に、悔しさがおさえられない表情で、また、スタンドに入ってしまう直前に心配でたまらない様子でもう一度フィールドを振り返った姿です。
こんな場面を繰り返さないよう、しっかり振り返りを、4年生も含めてチーム全体で行なっていただきたいと思います。
Posted by 52 at 2010年12月06日 20:29
でも、監督、コーチの皆さんの頑張りも認めたいです。随所でさすがというベンチワークもあったと思います。私は辛抱したいです。コーチにも投資しないと...。最近あまり米国留学もないですよね。
Posted by 首都圏在住の1OB at 2010年12月06日 21:05
今年こそ、甲子園で「青い三日月の戦士」の雄姿を拝見したかったのに、ほんと残念です。
選手の皆さんへの「お疲れ様」という気持ちと、「なぜもうあと一歩のところで…好敵手たちとの差はいったい何なんだろう!?」という歯がゆさ・悔しさが混ざった複雑な気持ちであります。
このままでは、「3強の一角」なんて真顔で言えなくなる日が来そうで心配です。
色褪せた古豪に成り果てたファイターズなんて、ファイターズと思いたくない!でもこのままでは、入れ替え戦の心配をしないといけなくなる日がきてもおかしくない!!
こんなことを言わせてくれるなよ!!
来季は真にハングリーな戦士として闘ってください!あの07シーズンのチームのように…!
Posted by 80年代卒の悔し涙OB at 2010年12月06日 22:43
様々な方が、様々な問題提議をされていますが、
そろそろ様々な事を、少し長いスパンの視点で本当の
「ゼロ」から考え直す時期にきているような感じがして
なりません。

2年連続で苦杯をなめさせられた関大も、ここまでの
領域に到達するのには多大な時間・資金を要している
わけです。

今の関学に足りないものは何か?
それはどのようにすれば充足できるのか?

徹底的に、冷徹に、分析してほしい。
大変悔しいことではありますが、競合から学ぶ姿勢も
必要かもしれません。

そして我々、外野たるファンもチームの足らずを補う事の
支援はできないのでしょうか?
例えば、何らかの用途のお金が足りないなら、寄付を募る
ことも考えられるはず。

この荒れ地から、いかに前を向いて進んでいくのか?
チームも、我々ファンも試される時です。
Posted by 長らく観戦している者 at 2010年12月07日 00:31
選手の皆さんお疲れ様でした。そして ありがとう。

ディフェンス陣は本当に素晴らしい頑張りを見せてくれました。
勝てる試合だっただけに残念でなりません。
後半に強い関学が見れなくなっていますね。
前半が終わって後半に入るまでの間に分析し、的確なプレーを送るベンチワークが関学の強みの1つだったはずです…
リーグ戦の関大戦の第3QからオフェンスのTDがゼロです。
ノーハドルでベンチからサインが送られていましたが、ベンチからのサインが遅く タイムアウトを取るシーンが何度かありました。ベンチの迷いなのでしょう。相手の出方を見てからサインを入れて…だったのでしょうが…。
関学のベンチワークの復活を期待します。
今回の試合 選手達の懸命な姿勢・気迫はスタンドに伝わりました。ありがとうございました。

個人的にはセットバックからの力強いオフェンスに来春は取り組まれてはどうかと思います。
Posted by たけボン at 2010年12月07日 04:34
 ファンブル・インターセプトによるターンオーバーが悉く失点に繋がった運のなさ。結果論です。
 自分は、フットボール無名高からFIGHTERSに入学し、ここまで成長してくれた皆さんと育てあげた関係者の皆さんに万感の思いを込めて拍手を送ります。
 来年のことは今は云々しません。悔しさを噛み締めながら、西日本代表チームと東日本のそれがどんなゲームを繰り広げるか見届けてから、次のシーズンに思いを馳せたいと思います。
Posted by Blue Blood at 2010年12月07日 11:34
石井さんのコラムを拝見すると、「1976年、京大とのプレイオフと逆の事が起こった」との思いがますます強くなりました。あのときはレギュラーシーズンは京大に完敗、でも数日後のプレイオフは完勝。
そして今回の関々戦の結果はベンチワークの分野でも「関学がずば抜けた存在では無くなった」事の証し。選手もベンチも実力伯仲、なのに「3点よりもTD狙い」が強かった様に感じます(春の日大戦と秋の立命戦しか見てませんが・・・)。
折角の敗戦です。是非「ランが完封された理由・関大のラン・ディフェンスに対応できなかった理由」をトコトン分析して頂きたいと思います。卒業される4回生の為にも、ぜひこの敗戦を生かして頂く事を切望します。そして来年を待ちます。
Posted by 仙台のファンです at 2010年12月07日 21:31
全ては結果論ですよ。
異論を唱える方が多い場面でも、結果が成功だったなら『よくやった。いい判断だった。』という声に代わっていたのではないでしょうか。様々な場面での選択は間違いではなかったと思います。
むしろ関大や立命館がそこまでレベルをあげていると考えるべきです。
かつてのハーフタイムを境に後半強くなるKGも、フィジカル面での劣勢(立命館・関大のレベルアップ)から後半には作戦を遂行できなくなってるのではないでしょうか。
それと選手もベンチも我々外野が知るよしもない精一杯の努力をして、試合に臨んでいるのです。
スポーツである以上、勝者敗者は必ず出ます。
アマチュアスポーツにおいて、外野が責任を追及するのはどうかと思います。
ただ、立命館や関大の存在をライバルではなく、ひとつ上のレベルと捉えていく必要があるかなとは思います。
なぜなら様々なコメントから、立命館も関大も、たとえ何回KGに勝ったとしても、自分たちがKGより格上のチームだと考えることはないだろうと思うからです。
もうこれまでの歴史を繰り返しても常勝関学をとりもどすことはできない時代にきているのだと思います。去年・今年のシーズンが常勝関学へのターニングポイントになったと言われるよう期待したいと思います。
Posted by オールドファン at 2010年12月07日 21:57
少し(二つ)前のコラムで、「今年少し思うこと」と書かせていただいたものです。
同じように感じていた方が多くいらっしゃったのですね。しかもテンパッていたのは選手ではなくベンチ?確かにここ数年を冷静に振り返ればそうかも知れませんね。今年の悔しさは今までに無い感じです。
でもハマった時のゲーム運びはやはり見事だとも思います。特に昨シーズンの立命戦は稀に見るベンチの快勝だったと思います。問題は後手に回ったときの工夫でしょうか。
関学は何かしてくるものと思って相手も準備してくるのでその上をいくのは大変でしょうが、それをやり続けてきたのが関学ですし、がんばって欲しいと思います。

P.S. 野球で優勝を逃がし、4日の裏表でラグビーとアメリカンで優勝を逃がした関学(正確にはアメリカンは優勝ですが)、野球で優勝し、5日の裏表でラグビーとアメリカンで優勝した早大、何か皮肉めいたものを感じながら5日は早稲田一色でテレビを見ていました。

選手の皆様は既に来シーズンに向けて始動していると思いますが、KG OBとしてはまだ今シーズン、高等部のアメリカンとラグビーが残っています。未来の大学を担うのは彼らです、応援しましょう!
Posted by R at 2010年12月07日 22:05
敗因は何点か思いあたりますが
なにより気合で負けてた気がします

DF陣は先週と同じく抑えられたものの、OFは完全に関大にアジャストされており、全く新しい、工夫したといえるプレーが見られなかった
唯一「お?」と思ったプレーが4QのFGからのギャンブル
まさにギャンブルの名に相応しい、関学らしくない、成功率の低そうなものでした

また、ターンオーバーで奪った攻撃権をことごとくモメンタムに繋げられない攻撃陣

怪我もあったのかもしれませんが、なんとも見ていて不甲斐ない戦いぶりでした

来年こそ、奮起を期待しています!!
Posted by XXX at 2010年12月07日 23:57
試合が終わり、選手への賛辞と敗戦の無念さが残ります。

我思う
 果敢に戦った選手の努力と純真さを

我思う
 応援したサポーターの無心さと虚しさを

我思う
 監督・コーチ、お疲れ様、本当にお疲れ様
Posted by カワチファイターズ at 2010年12月08日 00:18
 私も含めて、この欄へのコメントは40代以上の方々が圧倒的だと感じます。スタンドを見渡しても同様で、歳を重ねる毎に愛校心が深まるのがKGのOB・OGの特質と考えます。
 今年の敗戦は確かに悔しくて仕方がありませんが、方法はどうあれ、他大学がKGに追いつけ追い越せと努力を重ねられた結果が、現在の状態に至ったと思います。
 かつて京大にリーグ連覇を阻まれた時も(若かった)我々は愕然とし、嘆いたものですが、当時はそんな気持ちの中にも天晴れ京大!という思いがあった事も覚えています。今そんな思いが持てないのは我々の妙なエリート意識が邪魔をしているのだと自覚しております。
 FIGHTERSを通していつまでも母校と繋がっていられる感慨が、FIGHTERSの敗戦によってよりはっきりと認識いたしました。
 現役も、監督コーチ・スタッフも一生懸命立ち上がってくれると思います。見ず知らずも我々の激励に、いつも力強く、礼儀正しい笑顔で応えてくれるコーチ達を悪く思う事は僕には出来ません。

 来年はやってくれますよ。彼らは、我々は関西学院なんですから。
 FIGHTERSは必ず再び頂点に君臨してくれますよ。
 FIGHT ON FIGHTERS!!



Posted by 気持ちはいつまでも大学生 at 2010年12月08日 21:10
『全ては結果論』とおっしゃる方もいらっしいますが、当然のことじゃないですか。リクルートで選手を集められない京大ならまだしも、関学(立命、関大)はスポーツ推薦で選手を獲得している。だったら結果を求められるのは当たり前じゃないですか?都合の悪い時だけ『学生スポーツですから』と言うのは虫が良すぎる。死ぬ気で頑張ってきた4回生の最後がベンチワークの拙さで台なしにされるのは見るに堪えません。
Posted by 関学ファン at 2010年12月09日 19:02
ここ3年 勝てる選手層で勝てなかった 責任のある立場の人は そのことを重く受け止めて 来年を迎えてください。

※管理人より
一部削除させていただきました。
Posted by 治さん at 2010年12月09日 22:10
関西学生リーグは紛れもなく学生スポーツですよ。皆さん、一貫してそう仰っているじゃないですか。中にはプロ紛いの選手集めとチーム強化の止まぬ法人もありますけれども。負けたら鬼の首を取ったようなコメントが寄せられるのは困ったものです。勿論、指導に当たる方々も生業の合間を縫って部活に時間を捧げておられる訳で、職業コーチではありません。国立が私立に勝ってはいけないという理屈もなし。見るに耐えねば見ずともよし。「オールドファン」さんは正論を仰っています。と言うか普通のことを言われています。労いの言葉をすっ飛ばして、犯人捜しみたいな稚拙な真似は言語道断なり!!
Posted by 幕の内 at 2010年12月10日 01:16
決して負けたから鬼の首をとったようにコメントしているわけではありません。ここ数十年春も秋も殆どすべてのリーグ戦を観戦してきた中での感ずるところなのです。例えば2003年秋のリーグ戦既に優勝のなくなった立命戦で21対24で敗れた試合は負け試合でも涙が出るほど善戦したいい試合でした。2004年のプレーオフの雨中のタイブレークで立命に21対24で負けた試合も今も目に焼きつく感動の試合でした。決して負けたからのコメントではありません。
Posted by 治さん at 2010年12月11日 00:04
小生が4回生で就職も決まった頃、京大に破れ公式戦145連勝でストップした時、就職してまもなく営業で駆けずり回っていた頃、長居競技場で京大に破れ甲子園ボウルへの切符を34年ぶりに失った瞬間。そして今年の敗退はそれらに次ぐ悔しさとして小生の記憶に刻まれるであろう。それほど今シーズンのファイターズは陣容が充実していた。ここまで関大が強くなれば今度いつ甲子園に行けるんや?最近の優勝シーズンでは間違いなくエースQBが3−4回生の2シーズンを任されている。#6は正に日本一への申し子だったはす。
本当に選手、監督・コーチや関係者の方々には敬意を表します。ただ、決定戦での明らかな判断ミスは納得できません。
なぜ、FGポジションからあえてギャンブルする必要があったのか?ディフェンスの充実ぶりからすれば6−3で逃げ切り可能と判断すべきだと思う。数年前の西京極での立命戦で失敗した1Qの2ポイントコンバージョンを彷彿とさせました。そのシーズンも決定戦で同じ長居競技場でタイブレークの末に敗退している。さらに、なぜTBで後攻をチョイスしなかったのか?明らかにTBは後攻めが有利だと素人ながら思料します。
もう言うまい、来シーズンはどのような陣容になるのか楽しみですが、とにかくクリスマスボウルでせめて関学高校が日本一になることを祈っております。
Posted by KGファイ太郎 at 2010年12月11日 11:42
ファイターズはそのスポーツでトップランクにいる(もしくは居続けようとする)チームでしょう。その意味では「アマチュア」とはいえ、同好会や単なる愛好者の集いとは次元の異なる存在のはずです。

厳しい言い方になりますが、日本一を目標にしているチームが結果を出せなかった以上、批判めいたコメントがある程度寄せられるのは致し方ないのではないでしょうか(責任云々は論外ですが・・・)。

3年連続で甲子園ボウル出場を逃すのも、これで3度目、あとから振り返って「あれは過渡期だったんだなあ」と思えるような、これからのファイターズであって欲しいと願っています。

Posted by フリーフリッカー at 2010年12月12日 14:32
石井さんのコラムを毎回楽しみに見させていただいています。

来シーズンも、といわず、オフ中も、独自の!鋭い!詳細な!コラムを期待しております!

コラムでみんなの脱力感を払拭してください!
Posted by ちょいとそこまで・・ at 2010年12月27日 02:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。