2010年11月22日

(30)青の戦士たちへ

 僕は知っている。
 夏、ひと気のないグラウンドで、一人黙々とボールを蹴っていた男を。
 練習を手伝ってくれるスナッパーやホールダーの顔ぶれは変わっても、蹴るのはいつも一人。背番号3。ボールを蹴るという、人とは異なった役割を果たすため、仲間とは違った時間に孤独な汗を流していた男である。
 僕は知っている。
 秋の京大戦。足を骨折しながら、なお試合に出続け、懸命に走っていた男を。
 背番号22。試合から数日後、ギプスで固めた足を松葉杖でかばいながら「甲子園には間に合わせます」と言い切った彼の言葉が耳に残っている。
 ぼくは知っている。
 秋の初戦、最初の攻撃で腕を骨折。機能回復訓練にシーズンを費やした男を。
 背番号7。手術した腕の機能が回復しないまま、立命戦を戦ったが、存分にはプレーできなかった。その悔しさをこらえて、彼はいまも懸命にリハビリに励んでいる。
 僕は知っている。
 4年生、最後のシーズンにけがで一度も試合に出ることなく、ただ最終戦に間に合わせたいと機能回復訓練に励んでいる男を。
 背番号28。秋の深まりとともに、グラウンドの片隅で、ゆっくりと走り始めた姿を見てどれほど待ち遠しかったことか。試合に出るのは無理かもしれないが、失意の中でもあきらめず、懸命にリハビリに励む彼の姿に、どれほど仲間が勇気付けられたことか。
 僕は知っている。
 春、新しいシーズンが始まると同時に、リーダーとなった4年生たちが懸命に指導力、統率力を発揮するようになったのを。
 例えば背番号1、そして背番号74。高校時代はもちろん、大学に入っても、笑顔は見せるが、自分からはほとんど口を利くことのなかった彼らが、人が変わったように仲間を叱咤し、激励し、指示を与えている。無口な男たちの変貌に、僕は括目(かつもく)した。
 僕は知っている。
 いつも、大事なところでけがに悩まされ、成長しきれなかった男が、シーズンの深まりとともに、恐ろしいプレーヤーになったのを。
 背番号86。2年生の時、僕の授業に顔を出すたびに、いつもどこかを故障していた彼がついに回復。恵まれた体を生かし、今では誰よりも信頼の厚いレシーバーに脱皮した。
 僕は知っている。
 陽気だけれど落ち着きのなかった男が、堂々のチームリーダーに育っているのを。
 背番号52。主将になって以降、いつも試合後に、一言ふたこと言葉を交わすのだが、その言葉の端々に、彼の成長を実感する。
 そして、僕は知っている。
 誰よりも努力する男を。
 背番号6。1年生の時からずっと、人の見ているところ、見ていないところで懸命の努力を続けてきた。自らのプレーを極限まで追求し続けてきた。人は彼を天才と呼ぶかもしれないが、僕の目には、ひたすら努力を続ける男に映る。
 ファイターズには、ほかにも努力し、チームに貢献している男たち、女たちがいっぱいいる。彼、彼女たちが懸命にチームを支え、一丸になって戦ってきた。素晴らしい戦いも、物足りない戦いもあった。力を発揮できずに敗れた試合もあった。
 けれどもこれらはすべて、春から夏、そして秋までの物語である。
 時は晩秋。残された試合はただひとつ。すでに優勝を決めている関西大学との戦いだけである。この試合がすべてを決める。
 けがで苦しんだ者、思い通りにプレーできずに涙をのんだ者、思いもよらないミスをした者、何よりライバルに敗れて悔しい思いをしたチームの全員。
 君たちは、極限の試練に立ち向かえるか。
 どんな苛酷な場面に遭遇しても、臆さずひるまず、敵のど真ん中に突っ込んでいけるか。
 俺が倒れたらチームが倒れる。そう、腹をくくって戦えるか。
 言い訳はない。
 心と体が試される。君たちの取り組みのすべてが試される。
 11月28日。神戸ユニバースタジアム。
 極限で戦い、極限を超えた時、君たちの前に道は開ける。君たちの可能性が広がる。
 人は続き、道は続く。
 頑張ろう。
posted by コラム「スタンドから」 at 00:22| Comment(6) | in 2010 season
この記事へのコメント
 KGの最終戦は、いつもスペシャルプレーのオンパレード。今年はどんなスペシャルに出会えるのか楽しみです。
 臆することなく、思い切ったプレーを!!
Posted by 最前列の応援者 at 2010年11月22日 16:05
読んでいて、涙が止まりません。
Posted by アウンサン・イースーチ at 2010年11月22日 18:23
ほんと試合当日まで関大が恐いです、何かゲームでしてきそうで。動画で昨年の負け試合を見てより強く思いました、ほんと昨年負けを取り返す選手の執念だけです。強い気持ちで戦ってほしいです。私達も地域の人達と応援に駆けつけるので。
Posted by noeノファイターズファン at 2010年11月24日 16:12
すばらしいコラムだと思います。

チームが全力を尽くすことができればいいと思います。
Posted by 通りがかり at 2010年11月25日 07:15
今年は弱かった。それだけですね。甲子園にはKGブルーが似合うとは思いますが弱過ぎですね。お疲れ様。「プライド」の旗印を貶している訳ではなく「勝って当たり前!」という考えを改めて欲しかっただけです。
また来年。
Posted by 関東 at 2010年12月05日 22:49
そっか〜、「関東」くんは、早大ファンだったんですね。わざわざ関西くんだりまでコメントを下さるとは。久しぶりの甲子園では初優勝目指して頑張って下さいね。ってゆーか応援して下さいね。歴史の古いチームのゲームを見物します。
Posted by クマさん at 2010年12月16日 01:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。