2019年10月30日

(26)堅い守りと一瞬の攻め

 27日、満員の王子スタジアムであった関西大学との試合を一言で表せば「固い守りと、一瞬の攻め」といってもよいのではないか。それほど守備陣の健闘が目立った試合であった。攻撃陣もその固い守りに支えられ、鮮やかな決め技を見舞って勝ち切った。
 前半、先攻のファイターズは、パスが通ればランが進まず、ランが進んでも、肝心の第3ダウンショートが取り切れない。陣地は進めているのに、TDに持ち込めず、フィールドゴール圏内にも進めない。あげくの果てに、相手パントの処理を誤って、ゴール付近からの攻撃に追いやられる。そんなもどかしい場面が2度、3度と続く。
 並のチームなら、そんな攻撃が続けば、守備陣にも悪い影響が出てくるのに、この日の守備陣はひと味違った。ディフェンスラインの中央を寺岡、藤本ががっちり固め、両サイドの板敷や大竹が遠慮なく相手QBに襲いかかる。それに呼応してLBの繁治、海崎、アウトサイドLBの北川が狙い澄ましたようにボールキャリアに襲いかかる。最後の砦となるDB畑中は、強烈なタックルを連発する。
 立命に勝って勢いに乗る関大のオフェンスも、これでは陣地が進められない。結局、前半は互いに決め手がないまま0−0でハーフタイム。
 後半になると、ファイターズ守備陣がさらに勢い付く。第3Qでは相手に一度もダウンを更新させず得点を許さない。その間に、ファイターズは安藤のFGで3点を先取する。
 しかし、好事魔多し。第4Q早々、安藤のパントが短く、相手にゴール前40ヤード付近からの攻撃を許してしまう。ここでも守備陣が頑張ったが、1本のパスでダウンを更新され、あげくにFGで同点にされてしまう。
 やっかいな試合になったなあ、と思った瞬間、今度は攻撃陣が切れ味の鋭い攻めを見せる。最初はQB奥野。第3ダウンロングの状況で相手がパスを警戒した瞬間、一気に15ヤードを走ってダウン更新。続く自陣46ヤードからの攻撃も第3ダウン8ヤード。今度はWR糸川に地面すれすれにパスを投げ、それを糸川が好捕して再びダウン更新。
 ようやく相手ゴール前41ヤード。しかし、相手に押し込まれ、またまた第3ダウンロング。今度はRB三宅が持ち前のスピードで中央を抜けて26ヤード。一気に相手ゴール前14ヤードまで攻め込む。続く攻撃は再びRBのラッシュ。小柄な斎藤が上手く中央を抜けてゴール前5ヤード。
 このあたり、ようやくランアタックが機能して、押せ押せムードになってくる。残り5ヤードも、一気にランプレーで押し切ると思った瞬間、ベンチが選択したのは、奥野からWR阿部へのパス。ゴール右サイドに走り込んだ阿部に見事なパスが決まりTD。安藤のキックも決まって7点をリードする。
 こうなると、守備陣も勢いづく。相手陣35ヤードから始まった最初のプレーで、LB繁治が10ヤードのQBサック。さらにもう一人のLB海崎が相手パスをカットするなどして相手を完封。相手ゴール前25ヤードという絶好の位置で攻撃権をファイターズにもたらす。最終盤になって攻守がかみ合い、押せ押せムードのファイターズ。
 その勢いに乗せられたのか、続くファイターズの攻撃では、RB鶴留が一気に25ヤードを走り切ってTD。今季、パワーバックとして、相手が密集したポイントに突き刺さるようなラッシュをかけ続けた男が、この大一番で奪った止めのTDである。身長168センチ、体重89キロ。ベンチプレス152.5キロ、スクワット225キ
ロ。歴代のパワーバックの中でも、突き抜けたパワーとスピードを誇る突貫小僧がその存在感を見せつけた。
 このように試合を振り返って見ると、前後半を通じて固い守りでゲームを作ったのが守備陣であり、最終盤、一瞬の隙を突いて立て続けにTDを挙げたのが攻撃陣であることがよく分かる。
 それはこの試合の記録を見ても明らかである。総獲得ヤードはファイターズが310ヤード。内訳はランが139ヤード、パスが180ヤード。それに対して関大はランがマイナス8ヤード、パスが98ヤード。QBサックは計4回で、内訳は繁治10ヤード、板敷8ヤード、今井5ヤード、大竹4ヤード。インターセプトは竹原が1回記録している。
 試合後、守備の要として復帰した寺岡主将が「正直、ディフェンスやっていて負ける気はしなかった。いいリズムで抑えられたと思う」といっていたのも、正直な感想だろう。
 攻撃陣も、常に深い位置からの攻撃を強いられながら、オフェンスラインが踏ん張り、粘りに粘って我慢の攻撃を続けた。そしてQB、RB、WRが互いに協力して、ここぞというときにたたみかけた。その切れ味は、昨年より一段と鋭くなっているように僕には思えた。
 この勢いを続く立命戦でも見せてもらいたい。なんせ相手はアニマルと呼ばれるチームである。どこに隙があるのか、どういう切り崩し方が可能なのか。分析スタッフも含め、チームの総力を挙げて対策を練り、戦術を磨いてもらいたい。まだ時間は残されている。
posted by コラム「スタンドから」 at 08:52| Comment(2) | in 2019 Season
この記事へのコメント
時の流れは遅いもので、今年は未だ2ヵ月も残っています。早く師走にならぬものかと、突んのめり昂って、自分もトンだ慌てん坊です(笑)
「負けて良いゲームなど1つとしてない」今季もずっと鳥内監督の言葉を頭のどこかに置いて観てきました。危ない展開も経ました。惜しかった、まさか等よりも肝を冷やしたは、結果的に白星を積み重ねてきた足跡です。たまに引き分けの許される事もあって、色んな要因を鑑みた末に狙って成したこともありました。何れにしても、負けは可避です。関西学生リーグV2まで後、半歩。
Kは均衡を破る42yd.を事も無げに決めてくれました。関京戦で与えてもらった初出場の貴重な経験が活きたのかも知れません。と思ったら、その後にミスPとバイオレーションも出て、まだ精度はあげられると感じました。ここ一番での度胸は去年、西日本でみたので、単に技術の問題でしょう。無論、チームプレイなので、スペシャルチーム全部員にも奮起を促します。
油断なきよう日々の鍛練を続け、第7節を迎えて下さい。
Posted by Blue Blood at 2019年10月30日 18:08
流石ファイターズです。秋が深まっていくと徐々にギアを上げて、けがをしていた選手も復帰してきて、ほぼベストの陣営が整いました。整うとやはり強いですね。特にデフェンスはほぼ完璧です。ミスもほとんどなく、立命戦ではあれほど進んでいた関大のオフェンスがほとんど進みませんでした。関大の#11のキャプテンは流石ですが、それでも単発でした。それとあれほどQBサックされると相手のQBも落ち着いてパスを投げれませんよね。大したものです。私が観る限り関大用のスペシャルプレイはなかったようでしたが、とにかく地道にゴリゴリと進ませる。時にはQBの#3君がまるで牛若丸のように襲い掛かってくる大男から身をかわしてパスを投げ、あるいは自ら走って1ダウンを奪う。それもこのゲームを心から楽しんでいるかの如く笑いながら成し遂げていく。最後は「ふわっ」と浮かせたパスを#81君に投げてタッチダウン。見ている方の度肝を抜く。すごい度胸です。ゴリゴリの代名詞になるのは先生も書かれていましたが#39君です。私は彼の可憐でないところが好きなのですが「過去のファイターズにこんな選手はいたかなー」と思い出してみるのですが「望月君でもない、橋本君でもない」のです。とにかく彼は彼らしく「1ヤードでも2ヤードでも前へ!」です。彼の今後の活躍を楽しみにしています。
Posted by saka49 at 2019年10月30日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。