2019年10月02日

(22)記憶に刻む場面

 9月29日の夜、神戸大学との試合が終わった後のことである。双方の応援団によるエールの交換が終わり、選手全員がサイドライン際に整列して応援席に向って深々と頭を下げ、寺岡主将が「本日は応援ありがとうございました」とお礼を述べた。
 ここまでは、普段と同じ光景だったが、この日はこれだけでは終わらなかった。寺岡主将の「ハドル」というひと声で、選手全員が集まり、ハドルを組んだ。いわば公式のあいさつ、セレモニーを終えた後、今度はチームの全員でこの日の試合をどのように総括し、今後、どのようにチームをつくりあげて行くのかと全員に問い掛けたのである。
 中央で、しばらく全員を見つめ、黙って噴き出る汗と涙をぬぐう主将。それはたったいま、味わった苦しい現実を受け止め、自らを落ち着かせ、語るべき言葉を探すための時間であったのだろう。守備の要を担うプレーヤーとして、グラウンドで苦しむ仲間を奮い立たせたいと願いながら、けがでグラウンドに立てなかった悔しさをかみしめる時間でもあっただろう。
 やがて顔を上げ、チームの全員に語りかける主将の表情が僕の目に焼き付いている。その言葉、決意もハドルの後ろで聞かせてもらったが、僕にはその言葉よりも、彼の苦しみに満ちた表情が全てを語っているように思えた。
 主将を注視し、彼が腹の底から絞り出す言葉を聞いている選手も、多分、同じ思いだったのではないか。試合に出て背中でチームを引っ張ることのできない主将をここまで追い詰めてはならない。これ以上、主将を苦しめてはならない。自分のやれることは全てやろう。やれなかったことにも全力で取り組み、今度は主将の気持ちに答えてみせる。そんなことをチームの全員が自分に誓った時間であったと、僕は思いたい。
 試合は、攻守とも存分にファイターズを研究し、自分たちの長所を最大限に発揮するためのプレーを準備してきた神戸大にいいように振り回された。
 立ち上がりは、ファイターズペース。守備は相手攻撃を完封し、攻撃陣もいきなりRB三宅が23ヤードを走る。続いてQB奥野からWR鈴木へのパス。わずか2プレーで相手陣24ヤード。そこからRB三宅、斎藤が走ってゴール前10ヤードに迫る。
 しかし、ここから手痛いミス。奥野からWR阿部へのパスが相手に奪われ、攻守交代。せっかくの先制機を自ら手放してしまう。
 守備陣もやることがちぐはぐだ。せっかく2年生DB竹原が鋭い出足で相手QBをサックしたのに、上級生がつまらない反則をしてリズムを崩す。彼は、前回の京都大学との試合でも、素晴らしいプレーを見せたが、その際にも同じようなアクションをしており、首脳陣から注意を受けたばかり。こんなことを続けていると、チームはバラバラになるぞ、と懸念が募る。
 それでもこの場面は、守備陣の奮闘で何とかしのぎ、再び、ファイターズの攻撃。2Qに入って最初のプレーで奥野がWR糸川に14ヤードのパスを決めて相手陣45ヤード。そこから斎藤が45ヤードを独走してTD。K安藤のキックも決まって7−0。ようやくファイターズが先制に成功する。
 しかし、この日の相手は、動きに自信がある。自分たちのやってきたことを信じて、攻守ともに確信を持ったプレーを展開。攻撃が進まない場合でもパントもファイターズ陣奥深くまで蹴り込んで陣地を挽回する。
 逆に、ファイターズは思うような試合展開にならず、次第に浮き足立ってくる。何とか窮地を抜け出したいと焦ったQBの反則もあってセーフティーをとられ、7−2。勢いづいて神戸は意表を突くスクリーンパスなどで陣地を進め、仕上げは48ヤードのTDパス。8−7と逆転し、前半終了。
 後半に入っても神戸の勢いは衰えない。攻守とも思い切ったプレーを連発してファイターズの面々を振り回す。逆に、ファイターズの攻撃は手詰まりになっていく。
 ようやく3Qも半ばとなったあたりで奥野から阿部へのパスが2本、立て続けに通る。仕上げはWR鈴木への23ヤードパス。これが決まって14−8。奥野は、最も信頼している二人に確信を持ったパスを投げ、ピンポイントで投げ込まれた速いパスを阿部と鈴木が確実に確保する。上ヶ原の練習時に取り組んでいるプレーをそのまま再現したコールであり、僕は思わず「練習は裏切らない」と独り言をいっていた。
 それでも結果は17−15。相手にフィールドゴールを決められたら、そのまま逆転負けという辛勝である。
 自らのミスで墓穴を掘り、傲慢な態度で相手に付け入る隙を与える。それを食い止めるのが経験を積んだ上級生の役割だが、それも十分に機能しない。監督が試合後、思わず口にされた「普段からチーム全員が甘いねん。4年生があれだけおって、半分以上が足を引っ張っとる」という言葉通りの試合内容に、チームを率いる主将も、悔しさがこみ上げたに違いない。
 この悔しさをどれだけの部員が共有し、新たな戦いへのエネルギーとしていくか。ポイントはそこにある。
 試合後、寺岡主将が涙をこらえ、声を振り絞って訴えた言葉を、チームの全員が「わがこと」と出来るかどうか。「わがこと」と受け止めた部員が、それをどのように行動に表し、練習に取り組み、試合で実現するか。
 勝負はこれからだ。ファイターズの名簿に名前を連ねているのは伊達ではない。チームの全員が火の玉になって取り組んでくれることを願っている。
posted by コラム「スタンドから」 at 15:08| Comment(5) | in 2019 Season
この記事へのコメント
試合に出てる出てないは関係ない。チーム全員で戦うんやーー
前#10主将の言葉を借りて言えば
試合に出なくても出ているメンバーと同じ気持ちでいつでも出られるようにしておく
出られなくても今の自分に出来る事をやる。
パートが違うから…で済まされることなのでしょうか?
前年からの積み上げに上乗せしていくのではなく、主将が代わればリセットされてしまうのでしょうか?
前主将との関係性は良くなかったのか?とまで思えてしまいました。
たとえ試合後でもフィールドでの涙は不吉なので禁物です。
どんなに辛くても家に帰ってから。
「学生圧倒」とは就活のために社会人に遠慮しているだけの言い訳にも思えてきます。
忖度するくらいならそんな企業はこっちから願い下げだ、くらいの覚悟はないのでしょうか?
そんなに就活が大事ならそちらを優先したほうがいいと思います。
4回生人数多いらしいですし、そのほうが意見もまとまりますか?
どれを優先するのかは自由です。
貴方達の人生なのです。中途半端は一生懸命な人にとって迷惑です。

京大戦後の幹部のコメントに、今の4回生は3回生気分のままだなぁと思いました。ナイスプレーに自己満足していたようですが周りの4回生はたしなめることはないのでしょうか?
それは下級生には絶対にさせてはいけないはずですよね?
ここ数試合の幹部のコメントに違和感を感じていましたが自身で気づいてほしかったのであえてコメントしませんでした。
人の成長スピードには個人差もありますがアメフトも試合時間があるように今のファイターズでは時間切れです。
飛行機も新幹線も船も決まった時間には出発します。
人は待ってくれるかも知れませんが時間は止まりません。

交代メンバー、2枚目3枚目のメンバーとは残り時間を持たせるための投入なのですか?
少ない残り時間でも何かをモノにしてこい。
そういった思いもあってフィールドに送り出されていると思います。
2枚目3枚目の成長がカギになってくることはもちろん重要ですが、では1枚目は万全なのでしょうか?
2枚目3枚目とは3回生以下がメインかと思いますが、彼らに責任を転嫁していることになりませんか?
負傷を抱える4回生の顔があまり見えてこない段階ですが各パートの1枚目に4回生が何人いますか?
1枚目で活躍しているのはむしろ3回生以下のように見えます。
破壊力で突き崩してくれるDLも最終ラインから押し上げてくれるDBもここ一番で頼りになるRBもスーパーキャッチしてくれるWRもプレーでも言葉でも引っ張ってくれるQBも、もういないんです。育てていくしかありません。
自分が出来ないことを教えられるのでしょうか?
未だ4回生のTDもなく、注目選手に4回生ではなく3回生を挙げるとは無責任を通り越してすごい言い訳を見つけたモンだなぁと…
もちろんこれからの期待をこめてのことでしょうが…

そこまで下級生に期待するならいっそ今年は諦めて来年に懸けますか?
それこそ来年自分達はいないから関係ないですよね?
やる事をやりもしないで下級生に何を伝えられるのか?
第一鳥内監督もいないのに?
監督の花道を気にするくらいなら、もしそれが叶わなかった時に一生心に背負う事になるのは残される今の3回生以下なんです。
監督のいないシーズンを闘っていく事になるのは決まっているんですよ。
来年の選手たちはそういう目で見られてしまうんです。
3回生以下が可哀想だと思わないのでしょうか?

ミスにすら声を出せない今の状態でいくらハドルやミーティングを重ねても所詮は小田原評定です。
ディフェンスの立場からオフェンスにアドバイスできませんか?その逆も。
まず4回生が言わずに誰が言うのですか?
学生同士で忖度してどうする?
そんなんで社会人になっても忖度しまくりのイエスマン社畜にしかなれませんよ。
去年の日大以下ですよ。
そういうのを烏合の衆と言うんです。
そんな学生、企業戦士としては必要ありません。
監督はチーム全員が甘いと控え目な表現ですが下級生にまで責任を負わせて恥ずかしくないですか?何故4回生が矢面に立たないのか?
3回生QBに全責任を負わせるのでしょうか?

神戸大のインターセプトは攻める守備の結果で相手を褒めるべきプレーであり、スペシャルプレーも鍛練を重ねたであろう素晴らしいプレーでした。参考にしたいところでしょうが試合中には切りかえるしかありません。
パスが寸断されたのは悔しかったでしょうが、WRの脚は止まっていました。
それまでの試合でもポロポロ落として笑っていましたよね。
一期一会の覚悟で捕りに行かなかったのは認めましょう。
心配そうな顔は厳禁です。ポーカーフェイスが出来ないなら最悪でも無表情で。
自分がピンチの時にどうしてもらっていたのか思い出してみてください。

ここまで言われて奮起せずにいつするのか?
戦士が勇気を出さずになんとする?
だから頑張って!
毒舌はご容赦を。

P.S.石井さんに責任を負わせて申し訳ありません。不適切と思われましたら削除のほど願います。
Posted by blue_sky_blue at 2019年10月02日 16:03
外野から見ても能力は高く、普通にプレイし普通に勝てないものかと忸怩たる思いです。この10年間ほど毎季感じるのは、開幕に仕あげて臨めず、ゲーム毎に課題が出てくることです。特に叱咤激励はありません。
当日の王子スタジアムでは、終了と同時に怒って席をたつ人も少しいました。悔しい気持ちで校歌斉唱やエール交換を終えた後、負けなくてよかったとモヤモヤしたまま帰途に着きました。
声援を送る我々に何ができるでしょうか?有益で邪魔にならぬことが出来ればと考えます。残りも勝ちましょう。
Posted by Blue Blood at 2019年10月02日 19:44
この時期に来てまだ4回生は他人任せなのですね。
そんな学生最後のシーズンを終えて後悔はしないのでしょうか?
他人事のように自分は悪くないと言い放つのでしょうか?
そんな有り様で下級生に、『ファイターズ』に、何を遺せるのですか?
Posted by KGファン at 2019年10月02日 21:22
学生のクラブ活動に、「外野」からとやかく言うのはいかがなものでしょうかね?!
大人げないですし、傍から見ても、気持ちのいいものではありません。
学生たちがもがき苦しんで、自らの手でこの苦境をいかに乗り切っていくか、じっくり見守っていきましょうや。
人生では、思い通りにならないことのほうが多いのですし、失敗も、そして成功もあるのですから。
Posted by ふぁいと〜ん at 2019年10月04日 12:21
想像で物を言ってはいけません。ましてや我々ファイターズOBでもなく、ただの学校OBが事情も良く知らないのにごちゃごちゃ言うのは外野どころか、どっかの野球ファンがスタンドから野次を飛ばしているようなもの。見苦しいです。
信じましょう。やってくれますよ、彼らは必ず。
Posted by うえちゃん at 2019年10月05日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。