2019年09月11日

(19)チャンスは前髪しかない

 「チャンスは前髪しかない」という。後ろは禿げているから、つかもうとしてもつかめない。いま、この瞬間につかまなくては、後からではつかむことはできないという意味である。
 秋のリーグ戦2試合を週末ごとに観戦して、思わずこの言葉をファイターズの諸君に贈りたくなった。
 どういうことか。説明する。
 今季のファイターズは初戦の同志社戦、2戦目の龍谷戦ともに、昨年秋には試合経験のほとんどなかったメンバーを次々に投入している。初戦の先発メンバーで、昨年の甲子園ボウルでも先発していたのはOLの高木、WR阿部、QB奥野、LB海崎、繁治、DB畑中ぐらいだ。2戦目の龍谷大戦のスタメンを見ても、このメンバーにOL森田、DL大竹が加わる程度。交代メンバーとして出場経験のある選手を見ても、オフェンスではRB三宅、WR鈴木、山下、OL村田、藤田兄、DL板敷、松永弟、DB北川、それにキッキングチームのフォールダーやパンターとして活躍していたQB中岡の名前が浮かぶくらいだ。
 つまり、昨シーズンの終盤、関大と引き分けた試合や2度に渡る立命との死闘を経験した主力メンバーをほとんど欠いたままで、この2戦を戦ったのだ。
 その理由として、一つは数多くの故障者が出ていること、そしてもう一つは監督やコーチが意図的に新しいメンバーを登用し、彼らに実戦の経験を積ませて、チームの底上げを図りたいという意図が秘められているからだろう。とりわけ2、3年生にはフレッシュな顔ぶれが揃っている。
 2戦目の先発に名前を連ねたメンバーに限っても、昨年は交代メンバーとして先発メンバーと肩を並べる活躍をしたWR鈴木やRB三宅は別として、オフェンスでは3年生の亀井、2年生の牧野、田中がOLの先発、QB平尾弟、TE遠藤、K永田もスタメンに名を連ねた。ディフェンスでもDB5人中、3年生の中村、2年生の北川、和泉、竹原の4人が先発として起用された。
 驚くのは、1年生でもWR糸川が先発で出場し、同じく1年生の河原林とともに、鮮やかなパスキャッチを見せたこと。交代メンバーとして出場したTE小林陸、DL山本、DB小林龍斗らの動きも目についた。
 とりわけ驚くのは、DLの交代メンバーとして出場した3年生野村。鋭いラッシュで再三相手のラインを割り、2試合ともQBサックを決めた。高校時代は野球部でフットボールは全くの未経験者だが、いまではすっかりファイターズの水に馴染み、先発メンバーを脅かす存在として注目されている。
 このように新鮮な名前を何人も挙げてみたが、それ以外の交代メンバーも含めて、出場した選手全員が、ベンチの期待する力量を発揮できたかどうか。せっかくのチャンスを見事につかめたか。首尾よくチャンスの前髪がつかめたかどうか。そこが問題だ。
 僕が試合前の練習を見る機会は、週末の1日か2日しかないが、そこではいま名前を挙げたメンバーはみな、素晴らしい動きを見せている。パスは次々に通るし、ランも描いた通りに出る。攻守とも、相手がJVのメンバーということを割り引いても、大いに期待の持てるプレーが次々と成功する。
 しかし、その動きが本番で思い通りに再現できたかどうか。ロースコアで展開されている試合でも、あえて交代メンバーを次々と送り込み、実戦での動きに注目していたベンチの期待に応えることのできたメンバーはどれほどいるか。
 試合後の鳥内監督の談話が興味深い。「なんでこんなミスが起こっているのかを見極めなあかん」「交代メンバーがあかん。チャンスをものにせんと」。言葉は思いっきり省略されているが、言わんとされていることはよく分かる。
 前半を終わって10−0、3Q終了時点でも点差は広がらず。安全圏というにはほど遠い状況でも、ベンチは次々とメンバーを入れ替え、緊迫した状況での実戦経験を積ませようとしているのに、それを挑戦の好機と捉えず、失敗を怖れて守りに入っているプレーヤーが多いことを指摘されていたのに違いない。
 アメフットは、どのスポーツにも増して、チームの総合力が試される。攻撃には攻撃の役割があるし、守備には守備の役割がある。先発で出場する選手に託された役割は大きいが、交代メンバーの役割も同じように大きい。今年のように試合の間隔が短くなり、1カ月間に4試合を本気で戦い、そのすべてに勝たなければならない状況では、交代メンバーの役割は例年以上に重要になる。
 頼りになるそうしたメンバーをどれだけ育成できるか。先発メンバーだけでなく、チームの総合力が勝敗を分けるのが今季の特徴である。
 だからこそ、緊迫した試合でも、あえて多くのメンバーにチャンスを与えているのが今季のファイターズであると言ってもよい。その期待にどれだけの選手が応えられているか。前髪をしっかりつかめたメンバーがどれだけいるか。次戦の京大との戦いでその真価が試される。ここが勝負、と腹をくくって頑張ってもらいたい。チャンスは前髪しかない。
posted by コラム「スタンドから」 at 05:29| Comment(3) | in 2019 Season
この記事へのコメント
ロースコアで起用される交代メンバー。注視したいのは正にそこで、意気に感じて思い切りよくプレイを。使えるからこそ送り出す訳で、自信を持って役割に当たってほしいです。失敗しても知らないぞくらいの開き直りがあっていいかも知れません。
とかく交代メンバーと言うと、点差が開いたお気楽な展開で、何となく実戦経験を積むために出てくるものだと思われがちです。現システム下、そんな暢気な心構えではWJB勝ち抜きは覚束ない。万一、2位3位通過となっても二重三重の態勢をとれるよう準備しておく。普段の鍛錬が実戦レベルで取り組めているかが問われます。
Posted by Blue Blood at 2019年09月11日 07:24
なかなか受け入れがたい試合が続いております。最近のファイターズは、シーズンのスタート時に主力メンバーにけが人がいて「本当に大丈夫なんだろうか?」とファンは毎年ドキドキしております。特に今年はその不安が大きいです。試合は最初から最後まで、ほとんど喜ぶところがないくらいです。相手チームには失礼ですが「ここで圧倒しないでどこでする!」というような状況です。計画したプレイはほとんど進まない。ロングのパスと一発タッチダウンでは、圧倒しているなんてとても言えない試合でした。次節は京大です。どんなメンバーが出て、どんな試合になるのかわかりませんが、ただただ見守って応援していく以外ありません。期待されているほどの力は出ていないのですから、失敗を恐れず思いっきりぶつかっていってください。#1のWRを見習っていきましょう。彼のように失敗はすぐ忘れることも大切です。
Posted by saka49 at 2019年09月11日 07:37
ファイターズの凄いところは、予想外の展開になっても、当初のゲームプランを変えないところだと思います。

この試合も、普通のチームなら、安全圏に入るために奥野君や阿部君の途中投入も考えると思います。しかし、それでは二枚目以下の選手の真の成長はない。彼らが厳しいプレッシャーの中で、いかに覚悟を決めてプレーできるか、それがリーグ終盤戦やポストシーズンでの痺れる場面で重要であることを教えるためだと思います。

負けを恐れるのではなく、負けを受け入れる覚悟を持って、自分たちの全てを出し切る、選手はファイターズの4年間を通じて、それを学んでいくのだと思います。頑張って下さい。
Posted by あきにゃん at 2019年09月11日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。