2019年09月03日

(18)苦戦を良薬に

 1日夜、同志社との戦いが終わった直後、新聞記者に囲まれて取材を受ける鳥内監督の表情は厳しかった。
 「今日は全部、意識の問題」「頭の準備ができてないねん」「みんな誰かに頼っている。そんな集団が勝てるわけない」。口から出てくる言葉も厳しかった。
 けれども、囲み取材が解けて記者団が離れた後、僕が「一昨日言われていた通りの内容でしたね」と声をかけると、ニコニコしながら「そうでしょう。想定外のことをされた時にどうするか。もっと練習の時から考えてやらんと」という答えが返ってきた。
 その言葉は、一昨日の練習を監督の隣で見学していたときに聞いたばかり。その予測をきっちり裏付けるような試合展開だったから、監督も思わず笑ってしまわれたのだろう。同時に、これが初戦でよかった。まだ修正する時間はある。この日の苦戦を肝に銘じて練習に励めば、まだまだ成長出来る。苦い薬も良薬になる。そういう、選手たちへの期待もあって、思わず口元がほころんだのだろう。
 確かに苦しい試合だった。ファイターズのレシーブから試合開始。いきなりQB奥野からWR阿部に28ヤードのパスを通した時には、今日は何点とれるかなというお気楽な感じだったが、後が続かない。奥野のパスはなぜかうわずり、OLも相手守備陣に簡単に割られる。あげくに頼みの奥野が相手のヘルメットを腹部に受けて倒れてしまう。
 やばい、と思ったが、ここはディフェンスが踏ん張って、即座に攻撃権を取り戻す。交代で出たQB平尾が冷静にRB三宅へピッチし、三宅が相手ゴール前15ヤードまで進む。さらに1年生WR河原林への短いパスを決め、ゴール前1ヤード。これをRB前田弟が一発でゴールに持ち込んでTD。K永田のキックも決まって7−0。
 1Q終了前には、奥野が復帰。幸い大きなけがではなさそうで、応援しているファンもほっとする。ボールも手に馴染んできたようで、WR山下や鈴木へのパスが決まり始まる。第2Qに入るとすぐ、奥野からWR阿部への長いパスが通るが、惜しくもゴールラインをオーバーしてTDにはならず。しかし、その3プレー後には奥野がWR鈴木への13ヤードのパスを決めてTD。14−0とリードを広げる。
 続く相手の攻撃も、守備陣が一発で仕留め、再びファイターズの攻撃。ここでも奥野が阿部や鈴木へのパスを立て続けに決めて相手陣30ヤード。このチャンスに再び前田弟が30ヤードを独走してTD。21−0とリードして前半終了。
 前半の戦い振りを見れば、明らかにファイターズペース。しかし後半、交代メンバーを起用し始めると、一気に流れは同志社に傾く。相手にリードを許して開き直ったのか、攻守とも思い切ったプレーを連発。逆にファイターズのメンバーは、それに対応できない。攻めてはラインが割られてQBが孤立。守ってはロングゲインを許してあっという間にTDを返される。
 勢い付く相手に対して、ファイターズの攻撃は進まない。ラインが簡単に割られてQBが孤立する場面が相次ぎ、守備陣もまた浮き足立つ。負の連鎖である。
 このピンチを救ったのが2年生RB斎藤。168センチ、74キロの小柄な選手だが、トップスピードに乗ると一気にゴールまで走り込む快足を持っている。第4Qの半ば。ファイターズが反則で自陣37まで下げられた場面でボールを手にすると、一気に相手守備陣を抜き去り、63ヤードを独走してTD。永田のキックも決まって28−7と
リードを広げ、浮き足立ったチームを落ち着かせる。
 逆に同志社はこの独走で反撃の意欲をそがれたのか、雑なプレーが多くなってくる。終了間際には永田がFGを決め、最終スコアは31−7。
 このように得点経過だけを追うと、ファイターズペースで試合が進んだように思われるかも知れない。しかし、現場ではとてもとても。そんなお気楽な気分ではなかった。意味不明な反則はあるし、タイプの異なる二人のQBを使い分けて攻め込んで来る相手の攻撃も防ぎ切れない。逆にファイターズの攻撃は、相手守備陣の変幻自在の動きに振り回される。これが昨年度の優勝チームと今季1部リーグに復帰したばかりのチームの戦いとは到底思えないような内容だった。
 それを目の前で見せつけられたばかりだから、鳥内監督も取材陣を前にして、厳しい発言を連発されたのだろう。
 さて、この厳しい発言を選手たちはどう受け止め、どのように行動するのか。次の龍谷ととの試合は8日、その翌週21日は、早くも京大との試合が迫っている。
 その短い時間に、初戦の苦しい戦いを良薬として消化できるかどうか。部員全員の覚醒を刮目(かつもく)して待っている。
posted by コラム「スタンドから」 at 14:29| Comment(3) | in 2019 Season
この記事へのコメント
初戦には言及しません。私的に内外からヤイヤイ言われ、ほとほと草臥れました。応援する身の宿命です(苦笑)
今季9月と、下手すれば11月下旬〜しんどいスケジュールになるので、石井さんもお体には呉々もお気をつけ下さい。
Posted by Blue Blood at 2019年09月04日 12:23
今回は初戦の感想を誰もが書きたくないことよくわかります。一言でいうと「期待外れ!」だったのだと思います。春からどんなに強くなっているか!を期待していたのですが、「あれ?あれ?」という内容だったので書きたくないのです。でも期待が大きすぎたのかもしれません。冷静になれば、いつも秋の初戦はこんなものです。ここから徐々にエンジンを温めて、立命館戦にはピークにもっていけばいいのです。「学生を圧倒!」という言葉に振り回されないようにすることも大切かと思い出しました。選手自身はそのことがいかに難しいかは、十分身をもって知っていると思いますので心配はしておりません。ここが出発点ですね。東京ドームに向けて、一歩ずつ確実に歩んでいきましょう。
Posted by saka49 at 2019年09月06日 05:24
ドロップして笑みのこぼれるレシーバーを見て
思わず先代#83君の
「はあ〜取れるやろ〜」
の言葉が浮かんでしまいました。

レシーバーにとって取りやすいボールは同時に
ディフェンスにとってインターセプトしやすいこともあります。
体勢を崩しながらもディフェンスから遠い位置で捕球していた彼は
死にものぐるいでボールをもぎ取った上で笑っていたのですね。
でも関大戦で初TDパスをキャッチした彼は
笑顔ではなく闘志むき出しの戦士の顔でしたね。

シーズンも始まったというのに
「自分がチームを勝たせる」
と言い切る戦士が出てこないのが気がかりです。
そしてその言葉は下級生が言うことではありません。
このままでは下級生がではかわいそうですよ。

普段から出来ていないことは本番でも出来ないように
考えてもいないことは言葉にも出ませんよね。

去年は4回生の
「自分がチームを勝たせる」
だけではなく、下級生の
「4回生ともっとフットボールがしたい」
の言葉がありましたよね。
単純に人として好かれていただけでは無いと思います。
そう言い切れる4回生になってほしいし
下級生にそう言ってもらえる4回生となってほしいですね。
Posted by blue_sky_blue at 2019年09月07日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。