2019年05月28日

(8)うれしい予感

 その昔、竹内まりやが「うれしい予感は、いつでもあたるの」と歌っていた。
 どんな歌だったか、全く覚えていないが、このフレーズだけは、いいことがあるたびに浮かんでくる。26日、真夏のような王子スタジアムで関大と戦っている折りにも、何度も何度も僕の耳の奥では、あの甘ったるいまりやの歌声が聞こえていた。
 例えば立ち上がり。今季初めて先発した2年生QB山中がいとも簡単に1年生WR糸川にミドルパスを決めたとき。このプレーでダウンを更新した後、たたみかけるように次のプレーでも、WR阿部に長いパスを投じたとき。これは、運悪く阿部の足がもつれ、攻撃側の反則となって、ダウンは更新できなかったが、それでも臆さず、今度はWR鈴木に19ヤードのパスを通す。かと思えば、2度目の攻撃シリーズでは思い切りのよいスクランブルで21ヤードの前進。さらにRB三宅などのランでダウンを更新した後、相手ゴール前23ヤードからエースWR阿部に長いパスをヒット。一気に先制点を奪った。
 これが初めての先発、それもこの試合にQBとして出場することが決まってから4日ほどしか練習していないというのに、まったく試合の雰囲気に飲まれず、堂々とプレーを続けている。僕は先週の木、金、土の3日間、上ヶ原でチームの練習を見せていただいたが、そのときに、すらっとした長身のQBが中心になってパスを投げ、チーム練習に参加しているのを初めて見た。素人が見ても、投げ方に無理がないし、思い切りよく走ることもできる。その判断が的確だし、動きにも無駄がない。
 思わずコーチに「あの子いい動きをしてますね」と声を掛けると「いいですよ。今度は先発させます」との返事。それからは3日間、彼の姿ばかりを追い続けた。練習中、本人に話しかけるのは気が引けるので、休み時間にレシーバーの鈴木や糸川に話題を振ってみる。二人とも「受けやすいボールを投げてくれる」「初めてとは思えないほどやりやすい」と口を揃える。そのとき、関大戦ではきっと彼が活躍するに違いないという予感がした。そしてそれは当たった。
 あと二つ、3日間の練習を見ていて予感があった。一つは今度の試合では、阿部は警戒される、その分、糸川と鈴木の動きに注目しよう、この3人が役割を分担し、山中のパスで必ず見せ場を作ってくれるという予感である。それもぴたりと当たった。まずは第2シリーズ。糸川と鈴木にミドルパスを決め、仕上げ阿部君への先制TDパス。安藤君のキックも決まって予感通りに7−0とリード。
 次の攻撃シリーズも鈴木へのパスや三宅や前田のランでゴール前まで陣地を進めたが、反則などもあって、安藤のFGによる3点止まり。
 しかし、4度目の攻撃シリーズでは、センターライン付近から山中が投じた48ヤードのパスが糸川に通ってTD。投げる方も堂々としていたが、受ける方も相手ディフェンスを鮮やかに振り切り、ゴールポストの下で余裕を持ってキャッチする。これが今春入部したばかりの1年生かと驚くほどだったが、上ヶ原の練習で彼の動きを何度も見ていた僕は「予想通り。うれしい予感はいつでも当たる」と独り言を言っていた。
 もう一つの予感は、DBの北川の活躍。なぜかこの日も複数回、インターセプトを決めそうな予感があった。この前の慶応との試合中、彼がインターセプトできそうなボールをLB赤倉がいち早くカット。その瞬間、僕がインセプできたのに、と全身で悔しがっていた姿を見ていたからだ。試合後、思わず声を掛けて「次もチャンスはある、きっちり決めような」と声を掛けたが、そのときに、この集中力、この気持ちがある限り、きっと次の試合でも目を見張る活躍をするに違いないと、これは予感というより確信していた。
 案の定、第4Qの半ばから後半にかけて、立て続けに2本のインターセプト。ともに相手が8点を返し、必死に反撃している時間帯だっただけに値千金プレーだった。
 「うれしい予感は、いつでも当たる」といえば、もう一つ付け加えておきたい。K安藤の安定したキックのことである。週末の練習では「この子、昨シーズンより飛距離が伸びている」と思わされる場面が何度もあった。最初は風のせいか、とも思ったが、逆風でも苦にしない。「力が付いたんや」と思って、試合前から密かに彼の動きに注目していた。結果はキックもFGも完璧。この日の彼のプレーを見て「目的を持った練習は裏切らない」という言葉を実感した次第である。
posted by コラム「スタンドから」 at 06:50| Comment(3) | in 2019 Season
この記事へのコメント
慶応、神戸、明治戦での苦戦、敗戦の原因はいろいろあろうかと思いますが、関大戦をみると、やっぱり、「QB次第で勝敗が決まる」ことが判明したようですね。それにしても、練習をみて活躍間違いなしと読んだ石井先生の「予感」は素晴らしいですね。
急造QBながら、落ち着いたプレ-コ-ル、正確なロングパス、WRとの絶妙のタイミングなどは観客を魅了したし、今後の戦いに安堵感を与えたと思う。Vメンバ-での試合は残り1試合、JV戦3試合ですが、今回だけの出場に終わるのはもったいない気がする。結果を出した急造QBに経験を積ませて秋シ-ズンも十分通用する司令塔に成長してくれることを多くの観客が願っているのではないでしょうか。
Posted by hanagoma at 2019年05月28日 16:48
久しぶりにワクワクする試合を観戦させていただきました。でもさすがにQBが#13山中君とメンバー表で見たときはびっくりしました。プロフィールでは昨年JV戦で4本投げてすべて失敗。しかも1インターセプトですから驚きました。その後WRに転向(?)かなと思っていたら突然X戦でQBスターターですからね。ところが試合が始まると、以前からその位置にいたかのようにはまっているではないですか!ニュースター誕生みたいな雰囲気でした。それに加え#7の糸川君が明治戦に続いてスターターですから、ドキドキワクワクでした。場内での小野さんの解説ではかなりの逸材なようですので期待を込めて応援していると、やってくれました。山中君からの一発ロングパスをキャッチしてそのままTDです。「今日はこれで十分満足!」と思えるほど感激でした。春は新しいスターが現れる楽しみがありますが、特に今年のチームは続々と出てきますので、一試合一試合が本当に楽しみです。
それと後半2つのインターセプトとに成功した#10の北川君ですが、なぜ彼のところには相手の投げたボールが来るのでしょう?昨年から続いていますので本当に不思議です。昨年は3試(?)続いていましたが、今年は一試合に2本ですから驚きです。彼にはそんな魔力があるのですかねー?とにかく位置取りがいいのでしょうね。今年の春はまだJV戦が3試合、X戦が1試合あります。いずれもワクワクする試合になりそうです。石井先生のコラムもこれから書きやすくなるのではないか(?)と勝手に想像しております。
Posted by saka49 at 2019年05月29日 06:30
もう一言書かせていただきます。
先日のQB山中君の投げるパスを見ていて、久々に「パスの関学」という言葉を思い出しました。近年はラン、パスが同じくらいになるような試合が多く、「バランスのとれた攻撃」が良いように思っていましたが、彼の思いっきりの良いロングパスを見ていると「一発TD」にファンとしては「スカー!」としました。そして改めてパスの魅力に気付かされました。選手はわたしたちファンのためにやっているわけではないことは重々わかっておりますが、それでも先日の山中君は歴代のパスの名手のQBを思い出すくらいの威力がありました。それにしてもあのパスの弾道と距離感が4日間くらいでできるものですかねー。潜在能力に脱帽です。チームの事情がいろいろとあるでしょうが、できれば今後、彼がどのようにQBとして成長していくのかを見守っていきたいものです。
Posted by saka49 at 2019年05月31日 06:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。