2019年04月22日

(3)今季初の紅白戦

 27日は春恒例の「FIGHTERS DAY」。シーズン開幕を前にファイターズファミリーとファン、支援者が集い、フットボールを共通のテーマにして親交を深める1日である。
 午前中は大学生の練習と紅白戦。午後は小学生やOBらが参加してフラッグフットボールなどを楽しめるようにプログラムがセットされている。天気は晴れ。風もなく穏やかな一日となり、応援のお父さんやお母さんも含めて多くの人たちで賑わった。
 しかし、午前のチーム練習と紅白戦を見せてもらっただけで、早々に引き上げた。時間にして2時間弱。紅白戦だけでは1時間ほど。今季の予告編というのもおこがましいほどの時間だったが、いい意味でも悪い意味でも、見るべき点は少なくなかった。
 まずはいい方から。一言でいえば、昨年秋のシーズン、特に関西リーグの後半戦以降の試合に出場し、苦しい試合を勝ち抜いてきたメンバーはみな、その修羅場を踏んだ経験を糧にして、終始、堅実なプレーを見せてくれた。勝手知ったチームメートとの戦いという点を割り引いても、それぞれに一段と成長していた。攻撃ではラインの村田、藤田統、森、松永、WRの阿部、鈴木、大村、RBでは三宅、前田公。そしてQBは、昨年度甲子園ボウルMVPの奥野。これに昨年はほとんど出場チャンスがなかったTE亀井やRB斎藤、WR鏡味、OL牧野らも元気なところを見せてくれた。
 守備で先発したのはDLが今井、板敷、藤本、青木。LBは実績のある大竹と海崎。DBは逆に北川、和泉、竹原、平尾、中村という新鮮な顔ぶれ。これに加えてDLの春口、LB松永らがスピードに乗った動きで攻撃陣を押し込み、再三、インターセプトやロスタックルを奪った。
 攻撃側で活躍したメンバーを含めて、昨秋の終盤、苦しい試合を経験したことが糧となり、自分の足らざるところを補い、長所を伸ばすべく、春先からの練習に取り組んできた成果だろう。
 問題は2枚目、3枚目として出場したメンバーである。攻撃側でいえば、捕れそうなパスを簡単に落とす。ブロックを振り切られる。スナップを取り損なう。ラインも簡単に割られるといった点だ。昨秋の修羅場をくぐってきたメンバーがそれなりに成長したプレーをしているのを見るに付けても、昨秋の経験値の違いがそのまま成長度の違いに結びついているように思えた。
 もちろん、新2年生は昨年、一度も試合に出してもらえなかったメンバーが大半である。3、4年生でも、昨季の後半、山場の試合にはほとんど出ていないメンバーが何人もいる。4年生が卒業し、学年が一つ上がったからといって、全員が急激にプレー理解が進み、動きにキレが出てくる訳ではない。
 しかしながら、そうしたメンバーが一人でも二人でも、昨季活躍したメンバーに追いつき追い越していかなければ、卒業したメンバーの後は埋められない。当然、勝利への道も遠ざかる。
 それでなくても、ライスボウルに出場した翌年はチーム作りのスタートが遅れる。昨年の関西リーグで敗れたチームはすでの昨年の12月、場合によっては11月末から新チームをスタートさせている。対するファイターズは1月3日にライスボウルを戦った後は、すぐに後期試験。実質的には新しいチームは2月からのスタートである。
 加えて今季は、グラウンドの改修工事が入って3月末まで本拠での練習ができなかった。チームの仕上がりが例年にも増して遅いのは、仕方のないことかも知れない。
 しかし、対戦相手にとっては、そんなことは知ったことではない。春に対戦を予定している関東勢も、社会人チームも相手がファイターズとなれば、全力で立ち向かってくる。それは例年、春先に戦うチームには、決まって苦しい戦いを余儀なくされている前例を見れば明らかだ。
 この日の試合後、鳥内監督とすれ違ったとき、開口一番「今度の試合、負けますよ」と言われたのも理由のあることである。
 グラウンドの端で少し話を聞いた寺岡主将も似たような言葉を口にしていた。「試合形式で行うのは今季初めて。そこで、プレーのレベルの低さがいくつも見られた。きちんと(選手に)言わなければならないことがある」といった話である。
 春先、じっくり筋力トレーニングに取り組めば、その分、試合形式の練習に割ける時間は少なくなる。だからといって、試合形式の取り組みに重点を置くと、肝心の体幹を鍛え、相手を圧倒するパワーを身に付ける時間がなくなる。そのジレンマを解消するためには、選手一人一人が自ら工夫して練習に取り組み、同時に遅れている仲間を引っ張っていくしかない。
 もちろん、たとえ紅白戦であっても、勝手知った身内にさえボコボコにやられた選手は、その屈辱を成長へのエネルギーに換え、これまで以上に真剣に練習に取り組まなければならない。
 今日の紅白戦で、一つだけはっきりしたことがある。それは、学年が一つ上がったからといって、自動的に実力が1ランク上がるとわけではないこと。このことを肝に銘じて練習に励んでもらいたい。
 男子3日会わざれば刮目(かつもく=目を見開いて)して見よ、という。今週後半の練習、あるいは土曜日の試合で、この日、不本意な動きしかできなかったメンバーがどんな動きを見せてくれるのか。刮目して見たい。
posted by コラム「スタンドから」 at 08:31| Comment(3) | in 2019 Season
この記事へのコメント
 FIGHTERS DAY,いいですね。ファンも大切にしています。
 気が付けば、今週末には待ちに待った鎧春到来。改めてスケジュールチェックすると、対戦相手は全て甲子園ボウル出場経験校。しかも大抵は複数Vを遂げたチームです。伝統継承の新生KGが成長過程で当たるに、打って付けのカードばかりです。切磋琢磨し、冬の聖地で再戦が叶えば亦楽しからず哉。また、関関戦は年3度の可能性もあります。
 合間に組まれたJV戦も見物(みもの)で、新戦力は無論、某かの理由で出場から遠ざかっていたプレイヤーの復活や調整の為にフィールドに現れるプレイヤーも観られるでしょう。スタッフも含めて、まずは各パートがユニットが、延いてはチームが徐々に形になっていけばと思います。
Posted by Blue Blood at 2019年04月22日 21:56
待ちに待った2019年のファイターズの試合が観れる季節が来ました。春の交流戦だからと言って、相手が秋の甲子園で会いまみれるかもしれない法政大学であれば勝ってほしい試合ですね。鳥内監督は「負けるよ!」と言っているそうですが、そこを何とかするのが、QBの奥野君ですね。彼は「もうだめだ!」という時に真価を発揮します。けれど今年はあまり無理しないで、ボチボチ準備していただきたいです。それに昨年は控えQBが超豪華な2人でしたが、今年は誰になるのでしょうか?こちらの方も興味津々です。また新2年生のどなたが頭角を現してくるのか?ワクワクです。とにかく27日は細かいところまでチェックしてみたいと思います。石井先生は今年もやる気満々みたいですね。私らも盛り上がっていきますよ。
Posted by saka49 at 2019年04月24日 05:23
桜の花の祝福とともに卒業生が飛び立ち、新入生を迎え
スタメンの発表が待ち遠しい季節になりましたね。

思うようにチャンスをつかんだ選手もいれば
思わぬチャンスに戸惑ったり、思うようにいかない選手もいるかも知れませんね。
腐ったり・・・?なんて心配は無粋ですよね?
たとえスターターでなくても2枚目3枚目の選手が必要であり
重大な責任を負うこともあることを、前主将が身をもって見せてくれていました。
「いつでも出られる準備をしておく」
と彼は口癖のように言っていましたが
本当は辛かったと思います。
彼の活躍は言うまでもありませんが
並大抵の努力ではなかったのではないでしょうか。
その彼も今春に企業戦士の仲間入りを果たされたとのこと。
フィールドを変えての彼の戦いも応援しております。

企業戦士たちが作り出すものは、それはそれは多岐にわたりますが
その全てがコンビニなどで見かけるものではありません。
日常の生活ではまず見かけないことの方が多いです。
中には物理的な物体としては存在しないものもあります。
ですが、それらは誰かに必要とされ、何らかの形で世の中に存在し
皆さんを含め社会全体を支えています。
ハイテク機器でさえネジ1つ足りなければ簡単に崩壊してしまうのです。
裏方の支えあってこその花形です。
自分の役割に徹して誰かのためになれるようにお互い頑張りましょう。

P.S.
監督に日本一をプレゼントしたいなら学生日本一ではないですよね(笑)
あらためて目標を見つめ倒すのもいいかも知れませんね。
Posted by blue_sky_blue at 2019年04月26日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。