2018年11月20日

(27)第一関門突破

 関西リーグ最終戦、立命館との試合は、何とも評価が難しかった。現場で応援している時も、試合が終わってからも、喜んでいいのか、喜んでいる場合ではないのか、僕には判断がつきかねた。
 最終スコアは31−7。得点と試合経過だけを見れば、前半で先行し、後半の勝負どころで攻守がかみ合って、余裕で逃げ切ったと言っても間違いはないだろう。
 でも、現場で一つ一つのプレーを見ている限り、とてもそんな余裕はなかった。
 前半、先攻のファイターズはRB山口が魂の走りで52ヤードの独走TD。さらに第2Q半ばにはQB奥野がWR阿部に19ヤードのTDパスを決めて14−0。
 互いにディフェンスが踏ん張り、攻撃陣が非凡なプレーを見せつける中で、ファイターズがなんとか先手を取ったが、攻守ともに傑出したプレーヤーがいる相手も強い。RBにもWRにも一発タッチダウンの危険性を漂わせた選手が何人もいる。一つ流れが変われば、2本や3本のTDは立て続けに奪われそうな予感さえする。
 悪い予感はよく当たる。第2Qの終了間際、相手ゴール前7ヤードに迫り、ようやくリードと呼べるほどの差がつくかと思ったが、案の定、そこを決めきれない。短いフィールドゴールがゴールポストに当たってしまい、決定的な3点を取り損ねてしまう。やばい。勝利の女神が逃げ去ってしまうのではないかという、嫌な予感さえ浮かんだ。
 案の定、後半は立命が盛り返す。立命陣13ヤードから始まった第3Q最初のシリーズ。相手はテンポのよいラン攻撃で立て続けに3度、ダウンを更新。存分にランに注意を引きつけた上で、関学陣35ヤード付近からゴールをめがけて長いパス。ファイターズDB陣と競り合った相手のエースがそれを横取りするような形でキャッチしてTD。たちまち14−7と追い上げられる。
 相手は勢いに乗っている。前半は得点差こそついたが、見た目には互角の攻防だった。それが後半、相手は最初のシリーズでTDをもぎ取り、攻撃のリズムをつかんだ。やっかいな相手が調子づくとヤバイ。ファイターズがどう立ち向かうか。何とか、この流れを断ち切ってくれ。祈るような気持ちで応援する。
 そんな状況を切り開いたのはファイターズの誇るQBとレシーバー陣。第3Q終了間際に奥野からのミドルパスがWR松井と阿部にヒット。一気に相手ゴール前に迫る。その好機に安藤がFGを決め17−7と差を開く。
 この3点が守備陣を落ち着かせ、勇気付ける。それまでは強力なランと短いパスをかみ合わせ、テンポ良く攻め込んでくる相手に、受けて立っていた面々が俄然、攻撃的になってくる。LBの2年生コンビ、海崎と繁治が競うように相手に襲いかかり、DBが低くて強烈なタックルを決める。三笠と藤本を中心にしたDL陣も素早い動きでQBサックを連発する。
 こうなると、攻撃陣にも余裕が出る。相手ゴール前45ヤードから始まった次の攻撃シリーズ。その第1プレーでQB奥野からWR小田へパスがヒット。それを確保した小田が一気に相手ゴールまで突っ走って45ヤードのTD。さすがは元高校球児。夏の甲子園で余裕の盗塁を決めた快足と、大学4年間で習得した捕球センスは、レベルが違う。
 得点は24−7。ここで立命サイドは緊張の糸が切れたのか、それともファイターズ守備陣が自信を持ったのか。相手が起死回生を狙って投じたパスをDB畑中と横澤が立て続けに奪い取って攻撃の芽を摘み取っていく。それまで試合に出ていなかった交代メンバーのDL斎藤、春口らも低い姿勢から突き刺さるようなタックルでQBに仕事をさせない。
 最後はRB渡邊が19ヤードを走り切ってTD。終わって見れば31−7と点差は開いた。
 試合中、1プレーごとにノートに記録したメモを手元に置き、このように試合の流れを再現してみたが、ここまでに名前を挙げたメンバーの大半が4年生。奥野と併用されて相手守備陣を混乱させたQB西野と光藤も4年生だ。試合を通じて安定したパントを蹴り続けた安藤に、正確なスナップを出し続けたスナッパーの鈴木も含めて4年生が腹をくくって戦ったことがよく分かる。試合後、報道陣に囲まれた鳥内監督も「4年生は今日ぐらい頑張らな意味がない」と独特の表現で称賛していた通りである。
 けれども監督は続けて「今度はもっと大変な試合になるんとちゃいますか」と釘を刺していた。立命は強い、この日の得点差を地力の違いと勘違いしていたら、大変な目に会う、という戒めだろう。
 実際、今回はファイターズがいち早く試合の流れをつかんだが、次も同じようになる保証はどこにもない。
 逆に相手は、昨年のファイターズと同じ立場であり、必死に立ち向かってくるはずだ。途中、名城大学との試合に勝ち抜いてこそ、という条件付きだが、2週間後には、昨年と全く立場を変えて双方が戦うことになる。
 その試合にどう臨むか。残された時間は2週間足らず。その短い時間に、どこまで集中して練習するのか。未解決な課題をどのように解消していくのか。今回の決戦で、個人としてもチームとしても、相手の力量にそれなりの手応えを得たはずである。それにどのように対応し、どう突破しようというのか。
 12月2日。決戦の日は目の前だ。だからこそ、向こう10日余り。集中して練習に取り組み、死にものぐるいで勝負しようではないか。
 この試合で覚醒した4年生、それに負けじと奮闘した下級生諸君。君たちは第一関門を突破した。関西リーグの優勝者である。その自信と誇りを胸に刻み、チームの総力を挙げて次なる戦いに挑んでもらいたい。これからが本番だ。
posted by コラム「スタンドから」 at 09:07| Comment(6) | in 2018 Season
この記事へのコメント
リーグ優勝奪還おめでとうございます!
全員一丸となっての気持ちの込もったプレーに感動しました。
立命は勢いに乗ると、試合を引っくり返される怖さがありますね。
点差ほど実力差はない?ように思いました。

『これからが本番』
西日本代表決定戦も必ず勝って下さい!
精一杯応援します!
Posted by ajmdg316 at 2018年11月20日 14:51
リーグ優勝おめでとうございます。立命を凌駕しましたね。特に終盤、怒涛のQBサック及びインセプ2本には痺れました。また、QB3人の変幻自在の攻撃等々改めてファイターズの懐の深さ、引き出しの多さを通じて、フットボウルの魅力を感じた試合でした。次戦も多くのファンが後押しします。頑張ってください!
Posted by 頑張れKG at 2018年11月20日 19:43
リ-グ優勝おめでとうございます。
関大戦で見えた攻守ラインの不安を吹っ飛ばす見事な戦いぶりでした。OLのプロテクションがもったことで、守備の的を絞らせないラン、パス攻撃は見事にはまった感がある。守備もQBサックを次々と決めるアグレッシブさが光かっていました。監督が「立命対策のプレ-を出しすぎた」といっておられたようですが、再戦では再び、胸のすくような快勝を期待します。この勝利に奢ることなく、残り10日の準備を着々と進めてください。勝利の女神はその努力を見逃しません。
Posted by hanagoma at 2018年11月21日 20:50
よくぞ立命に勝ってくれました。というのが実感です。毎年のことですが、強力な立命館に知力を尽くして可憐に立ち向かうKGというような印象があります。(少し偏見がありますが)試合になるといつも倒されているのはKGの選手みたいな感があります。(立命の選手は丈夫で健康優良児みたいに見えます)もちろん私がKGびいきに観戦するからでしょうが。立命館は前半でTD3本差あっても安心できないチームです。ラン、パスどちらでもワンプレイで一本取られてしまいます。しかし、今年はKGがそれをやってしまいました。私の周りのフアンは歓喜の極みでしたが、私は「これからが本番!」と安心できませんでした。最後のRB#6渡邊大ちゃんのTDでやっと勝利を確信しました。次戦もハラハラドキドキですがあらん限りの声を出して応援します。
Posted by saka49 at 2018年11月22日 06:23
 O#はオーソドックスで、ちょっとフェイクも入れながら決めるプレイヤーが4人でパスラン2本ずつ。次は自分もと、QB#18,RB#26,WR#85が手ぐすね引いているかも知れません。司令塔は2年生を軸に据え、まずはリーグ優勝。悔しいのはG前で決められなかったこととFG失敗。次への課題です。
 改めて、関関戦はギリギリでもなんでも追い付いていて良かったです。1pt.コンヴァージョン選択には今更ながら頭が下がります。今季唯一2桁の失点を許し、この対関大で総失点中半分以上を占めました。最少得点でもありました。去年より少し早く気も引き締まって、チームが一つに纏まれたキーゲームだったと思います。
 他校の友人・知人には、三味線や手の内云々をされたこともあります。昨年度主将の大泣きは本気で戦った証拠ですし、週末毎に続けて2つも3つもゲームのあるのは結構な負担です。「負けてもいいゲームなど1つとしてない」です。
 春の定期戦で1-1-Gと90ヤード独走のTDでチームを勝利に導いたエースRBには次戦以降にも期待しています。
 とりとめのない文章になり、すみません。
Posted by Blue Blood at 2018年11月22日 10:59
リーグ優勝おめでとうございます。
皆様のメンタルを勝手に心配しておりましたが
見事にふっ飛ばしてくれて安心しました。

一個人としては前日の関大戦から見ていたので
ほんの少し感傷もありました。
奇しくも同じ背番号のカイザース#3君が
ほぼ1人で投げぬいたのに対し、ファイターズは
QB3人が次々と入れ替わるという、なんと贅沢なことか。
タイプのちがう先輩2人の背中を見せてもらえる上に助けてもらえるファイターズ#3君は幸せですね。
カイザース#3君は
「先を見過ぎて、目の前の京大打倒に全力を注ぎ切れなかった」
と涙していたとのこと。
その素直な言葉は後輩へのとても重い教訓でもあり、ファイターズに対してもこの先の勝負に警鐘を促してくれているようにも思えました。
ライバルがいてくれるから自らも強くなれるのですから、ライバルの言葉は大事ですね。
皆さんの勝利の裏には、ライバルたちの涙があるのですから、その思いも背負って上を目指してほしいと思ってしまいます。

アメフトだけでなく、スポーツは心理戦でもありますが
「パッション」をスローガンに挙げながらほとんど声を出しているようにも見えなかった立命主将の動きも気になるところです。

次戦も厳しい戦いになりそうですが、どこが来ても目の前の勝負に全力で尽くして次につなげて行きましょう。
面白いフットボールが見たいです。
Posted by Blue_Sky_Blue at 2018年11月23日 03:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。