2018年09月25日

(19)試行錯誤

 試行錯誤という言葉がある。手元の辞書は「課題が困難なとき、何回もやってみて、失敗を重ねながらも段々と目的に迫っていくやり方」と説明している。
 関西リーグの第3戦、龍谷大学との試合を観戦しながら、思わずこの言葉が脳裏に浮かんだ。
 「失敗を重ねながらも」「何回もやってみて」という点ではその通りだった。初戦から指摘されてきたつまらない反則が出ていたし、パスもなかなか通らない。ランプレーが思うように進まない場面があったし、レシーバーが手の届く範囲のパスを落とす場面もあった。交代メンバーが出場してからは、ラインが割られる場面も何度か見掛けた。
 前半から大きくリードしていたこと、守備陣が終始安定していたこと、そして相手ディフェンスの動きのよかったことなどを割り引いても、正直にいえば「これで上位チーム、とりわけ立命に通用するのだろうか」と心配になるような内容だった。
 もちろん、個々のプレーでは見るべき点がいくつもあった。立ち上がり、いきなりロングリターンを決め、相手守備陣を驚かせたWR小田の快走。そこでつかんだチャンスにきっちり44ヤードのFGを成功させたK安藤の安定感。相手の攻撃を立て続けに3&アウトに仕留めた守備陣の活躍。一気に左サイドを駆け上がってTDを決めたRB渡邊の快足。さらにはゴール前ショートの場面で、3回連続でTDを奪ったRB中村のすばしこい動き。
 レシーバー陣では小田と阿部がスピードとセンスの良さを見せつけたキャッチを重ね、いまひとつ球筋の定まらないQB西野を大いに助けた。1、2戦目で不安定な場面を見せたOLも、この日はしっかり前に押し込んでいた。久々にパントのリターナーに入ったWR尾崎も思い切りのよいプレーで陣地を進めた。
 ディフェンスでは1列目の寺岡、青木、藤本、板敷が安定した動きを見せ、2列目、3列目も相手にロングゲインを許さなかった。1年生のDL青木、LB赤倉、DB北川らもはつらつとした動きを見せた。
 このように書いていけば、どこが「試行錯誤」だ、どこが「失敗を重ねながらも」だ、といわれるかもしれない。
 けれども、現場で観戦している僕の目は、この日の対戦相手の向こうに立命や関大、京大を見ている。強力な立命の守備陣を相手に同じようなプレーが成功するのか、立命のオフェンスを向こうに回して、守備陣はこの日のように自由自在に動けるのだろうかと考えている。一つのミス、一つの反則が命取りになるのではないかと怖れている。
 そういう視点で見ると、得点は38−0、総獲得ヤードは406ヤード対101ヤードと、ともにファイターズが相手を凌駕(りょうが)していても、まったく気持ちが落ち着かない。不要な反則が3回、ファンブルも3回(そのうち攻撃権を失ったのが2回)という数字が、その不安に拍車をかける。「失敗を重ねながら」という言葉そのものではないかと思ってしまうのである。
 問題は「失敗を重ねながらも」「段々と目的に向かっている」かどうかという点にある。初戦で出た反省点が生かされているか。2戦目で出た反省点はクリアできたか。先発で出場したメンバーだけでなく、交代メンバーの力はどこまで上がっているのか。勝敗の行方が見えてからのプレーではなく、攻撃も守備も、拮抗した場面でどこまで力を出し切れたか。そうした点を自分に問い掛けながら、「段々と目的に向かっているかどうか」をチェックしなければならないと考えているのである。
 僕にはまだ、その答えは見えてこない。これからの練習への取り組みと、4戦目、5戦目と続く試合の中で見ていくしかないと考えている。
 その意味では、選手、スタッフはリーグ戦3戦目までの戦い振りを丁寧に分析し、良い点、悪い点、改良すべき点をすべて洗い出すしかない。評価すべき点は評価し、改良すべき点は改良していかなければならない。それができるかどうかによって、今後の命運が決まる。勝っておごらず、失敗にくじけず、目の前にある問題点を一つ一つ乗り越えていくしかないのだ。
 そうすることで初めて「段々と目的地に向かっていける」。がんばろう。もう1段も2段も上のステージを目指し、努力を続けようではないか。
posted by コラム「スタンドから」 at 08:20| Comment(5) | in 2018 Season
この記事へのコメント
 どうにもスッキリしないなあ。最後の笛が鳴った時の率直な感想です。第4Qに攻めあぐねたから、余計そう思ったのかも知れません。初戦に比べてシリーズは多かったので、それなりに得点は重ねましたし、バランスアタックにはなっていました。個々の部員が、昨年よりもハイスペックに肌で感じます。
 スポッター席に座っているつもりになって、結果論を映像だけで述べる評論家気取りは避けます。岡目八目にもなりません。他の誰よりもチームが最も考えているからです。
 目の高さは、去年甲子園で敗れた相手が仮に、飽くまでも仮に、万全の状態で迎え撃ってきても弾き返すくらいの位置に置いて、精進を続けてほしいと思います。次節も応援に駆け付けます。
Posted by Blue Blood at 2018年09月25日 11:05
先日の試合を見て2つの事を感じました。
1つは、ディフェンス陣の進ませなかった素早さと巧みさ。
もう1つは、進めないオフェンス陣。パスも
ランも中途半端。
後の立命戦を見て強く思いました。相手が違う為、なんとも言えませんが立命のあのスピードとしつこさに関学は勝てるのだろうか?と今回は思いました。
ファイターズの健闘を祈ります。
Posted by 村田 進 at 2018年09月25日 17:22
確かにチームはきびしい状況ですね。まさに試行錯誤の状況だと思います。二試合目の立命館戦を目にしたからかもしれませんが、KGが苦しい状態であることが特に気になりました。でも、過去を振り返ると、こんなことは何度か有りました。話にならないと思いましたが、見事に立命館に勝利しました。今年のKGは素人のわたしが見ても、どこが弱点かがわかります。このチームがどのようにして、モンスター軍団に勝利するかをゆっくり見せていただきます。
Posted by saka49 at 2018年09月25日 23:49
不安はわかりますが、今年のメンバーの方が可能性を感じます QBは西野君で決まりだと思います。後は首脳陣の選手の起用方法が大事かと思います。
Posted by saturn at 2018年09月26日 13:18
シーズンの中盤、今一番必要なことは?
試合の勝敗にとらわれることなく。立命との大試合に向け。今出来ること例えば、ケガ人の回復のケア、新戦力の発掘(北川。青木他・・・)
プレイの見直し等出来ることを愚直に追及することと思います。今年も東京から甲子園ボウルを見に行きます。楽しみにしています。
Posted by HIROSHI at 2018年10月06日 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。