2018年09月10日

(17)ゲームを見る目

 関西リーグ第2戦は8日の夕方5時にキックオフ。夜間照明の下で始まったが、王子スタジアムの照明は暗い。その上、グラウンドは雨で濡れているし、試合中も雨が降ったり止んだり。なかなかの悪条件で始まった。
 それでも試合は熱かった。まずはファイターズのレシーブで始まった第1シリーズ。自陣25ヤードからの攻撃だったが、第1、第2プレーともに通らず、第3ダウン10ヤードという苦しい立ち上がりだったが、ここでこの日も先発したQB奥野がWR阿部にピンポイントのミドルパスを通してダウン更新。次の攻撃も同じく阿部にパスを通して14ヤード。一つ奥野のキーププレーを挟んで再度、阿部にミドルパスをヒットさせ、あっというまにゴール前18ヤード。ここからはRB三宅のラン、同じく中村のランで陣地を進め、残り1ヤードを中村が走り抜けてTD。K安藤のキックも決まって7−0。
 次の神戸大の攻撃を守備陣が完封して再びファイターズの攻撃。今度も奥野から阿部へのパスで活路を開き、さらには久々に登場したWR小田へのパスを立て続けにヒットさせて再びゴール前。今度は中村が中央に見事なダイブを決めて14−0。2度の攻撃シリーズを2度ともTDで締めくくる完璧な立ち上がりだった。
 しかしながら、ここからがもたつく。QBとレシーバーの呼吸が合わず、せっかくレシーバーが相手を抜き去っているのに、肝心のパスが短く、相手に奪われてしまったり、捕ればそのまま走り切ってTDという場面をつくりながら胸に入ったボールを確保出来なかったり。投げる方にも受ける方にもミスが出て、決定的なチャンスを2度も失う。
 ファイターズが自滅しそうな場面だったが、今度は守備陣が奮起。DB畑中が見事な個人技で相手パスを奪い取って再び相手陣31ヤードからの攻撃。ここで、ファイターズRB陣で一番のスピードを誇る渡邊がドロープレーからのランで一気にゴールまで走り込んでTD。自滅に近い形で相手に渡した試合の流れを一気に取り戻した。
 第3Qに入ると、ファイターズQBは西野に交代。初戦ではレシーバーとして出場してほとんど活躍の場面がなかったが、この日は本職のQBとしての登場である。自陣40ヤード付近からの攻撃だったが、立て続けにキーププレーで連続のダウン更新。相手がQBのランを警戒したと思えば次はWR小田へのロングパス。それを半身になりながら小田が好捕。わずか3プレーでゴール前5ヤードに攻め込んだ。浮き足立つ相手を尻目に、ここはRB三宅が走り込んでTD。28−0とリードを広げる。
 こうなると、試合はファイターズのペース。次々と交代選手を投入して試合の雰囲気に馴染ませる。期待の1年生諸君も次々と登場し、結構な動きを披露してくれたのが頼もしかった。とりわけ目立ったのは、ランプレーのたびにボールキャリアになり、相手のディフェンスをパワーで突破して2度のTDを決めたRB前田(高等部)。彼は高校の頃から注目されていた選手だが、大学に入って一段と力を付け、同じポジションの先輩、山口の交代要員の候補の一人になっている。
 OLではセンターの朝枝(清教学園)。彼は学年で1番の元気印で、JV戦でもOLの中心になって士気を鼓舞していた。この日も4年生のように頭をつるつるにそり上げて登場。気合いの入ったところを見せつけた。2番手のリターナーとして起用された鏡味(同志社国際)も、小柄だが気持ちの勝ったプレーで存在感を発揮した。
 ディフェンスで目に付いたのはDLの青木(追手門)、LBの赤倉、北川(ともに佼成学園)、DBの竹原(追手門)。それぞれがしばしばプレーに絡み、1年生とは思えないほどのセンスの良さを見せてくれた。北川にいたっては2試合連続のインターセプト。ともに試合の行方が決まってからのプレーだったが、フットボールセンスの良さを見せてくれた。
 試合は42−0。ファイターズの完勝と見えたが、この結果に対する監督やヘッドコーチの評価は素っ気なかった。
 「相手の守備陣を考えたら、これぐらいできて当たり前。問題は、立命の守備陣を相手に勝負できるかどうか。まだまだ鍛えなあきません」と鳥内監督。大村ヘッドコーチからも「相手が疲れてからのプレーは参考になりませんよ。こんなんでいい気になっていたら痛い目にあいます」という言葉が返ってきた。
 スタンドから試合を眺め、その展開に一喜一憂している僕と、リーグ戦のこれからを見据えて、現状を冷静に分析する監督やコーチ。立場の違いといえばそれまでだが、常に足りない所に目を向け、それを克服するためにはどうするか。あるいは、いまは目に見えていない選手の潜在的な可能性を見つけ、その長所をどうすれば生かせるか。そういった点に焦点を当て、一瞬の油断もなく試合展開を見つめ、知恵をしぼっている人々。そうした存在がこのチームを支えているのである。
 スタンドから眺めている僕にとっても、ゲームを見る目が1段階上がったように思える試合後の談話だった。
posted by コラム「スタンドから」 at 08:57| Comment(4) | in 2018 Season
この記事へのコメント
 第2節の神戸大戦。飛車角と王将[#85#34と#10]がフィールドに現れないにも関わらず、初戦より安心して観られました。鳥内監督言う「底あげは図れた」一端は垣間見る日でした。昨年第5戦目の暴風雨に比べればさして気にならないコンディションの中、攻守蹴いずれも、まあまあだったと思います。フレッシュメンの活躍もありました。#30君の2戦続けてのビンゴ、#28君の4連覇時主将を思い出させてくれるようなTDラン他、新戦力もなかなか頼もしく、長いシーズンに期待が持てます。今後も一戦必勝でいきましょう。
Posted by Blue Blood at 2018年09月10日 16:26
初戦でのOLとQB,RBのコミュニケ-ションの拙さは改善されていたし、下級生とりわけRBの活躍など収穫は多かったように見えた。しかし、新たな課題も見えた。パスプロが十分に持っていたのにQBのパスコントロ-ルの悪さは明らかにWRとのコミュニケ-ション不足が原因。そうした中、ロングパスに拘るのはリスクが大きすぎた。QBとWRのコミュニケション不足の解消、WRのボ-ルキャッチへの執着心、集中力の改善などを通じ、次戦以降、安心して観戦できるパフォ-マンスを見せてほしい。
Posted by hanagoma at 2018年09月10日 16:43
 1つの記事に複数コメントを寄せるのも、同じフレーズを使うのも趣味ではありませんが、ご容赦下さい。
 去年、チームがまとまるのに苦心したのは記憶に新しく、戦績にも表れていました。今後、対戦相手のレベルも高くなっていくのは容易に予想されて、そうそう安心して観ていられる展開もなくなるでしょう。どんな状況に於いても、追究している像と目的地へ向かってFIGHTERSらしく邁進あるのみです。
Posted by Blue Blood at 2018年09月11日 08:08
少しづつ勢いが出てきましたね。特に後半の3QからQBが西野君になると、もう止まらない状態でした。つい、昨年の代表決定戦の戦いを思い出しました。#3が西野君の闘志に火をつけたようですね。近代戦では全くボールにも触れさせてもらえませんでしたから、心中穏やかではなかったでしょう。でも春の試合を見ていると、彼に火をつけないといけないような状態でしたね。火がつくとさすがです。そう言えば、#34君は今回は一度も登場しませんでした。中に怒りというか、走りたいエネルギーをいっぱい貯めたことでしょう。次戦に爆発させてください。それと1年生が出て活躍するのを見るのは、本当にうれしいです。RBは1年生に有望株がまだまだいっぱいいます。彼らにもチャンスを与えてあげてください。
Posted by saka49 at 2018年09月11日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。