2016年12月05日

(30)魂のフットボール

 長い間、ファイターズの試合を見てきたが、今日のように力の入った試合はそんなにない。終わって見れば26−17。ファイターズが順当に勝利したように見えるが、とてもとても、そんなに力量差がある試合ではなかった。一つ間違えば、逆の結果が出ていたかもしれないほどの緊迫した勝負であり、敗れた立命館の強さを存分に見せつけられた。
 しかしながらファイターズの諸君は、その強力なチームを相手に一歩も引かずに勝ちきった。オフェンスといわず、ディフェンスといわず、出場したメンバー全員が根性の座ったプレーを展開。文字通り「魂のフットボール」を披露してくれた。
 それを象徴するのが第4Qの半ば、自陣2ヤードから始まったファイターズの攻撃である。前半を20−0で折り返しながら、後半の立ち上がり、相手の思いきった攻めで立て続けに2本のTDを奪われて20−14。さらに第4Qの初めにはフィールドゴールをたたみかけられ20−17。完全に相手にモメンタムが傾き、ファイターズは防戦一方。守備陣がなんとか相手の攻撃を食い止めたものの、ボールは自陣2ヤード。残り時間は6分40秒。
 ここを切り抜けない限り、ファイターズの展望は開けない。しかし、焦って無理なプレーをしてボールを奪われたら、一気に逆転、もしくはFGで同点の場面である。
 流れは完全に相手に移っている。さて、どうするか。
 固唾をのんで見守る場面だったが、ファイターズベンチが選択したのは、QB伊豆からWR松井への縦パス。それが決まって一気に30ヤードをゲインし、局面を切り開く。よくぞこのプレーをコールした、よくぞ投げた、よくぞキャッチした。思わず、そんな感慨がこみ上げた。
 場内の興奮がさめやらぬ中、RB橋本が中央のラン、野々垣へのショベルパスでダウンを更新。守備陣のマークがRBに集まったところで、今度は伊豆がプレーアクションからのキープで一気に16ヤードを前進、相手陣42ヤードに進む。
 残り時間は5分24秒。時間を消費しながら局面を進めたいファイターズはランプレー中心の攻撃だし、相手守備陣もそれを予測して備えている。それでもファイターズが選択したのはRBを徹底的に走らせること。野々垣のランで5ヤード、TE三木へのスクリーンパスで4ヤード、RB山本のランでダウンを更新。続けて野々垣がオフタックルを抜けて11ヤード。さらには伊豆のQBドロー、橋本のカウンターで9ヤードを進め、残りの1ヤードは橋本のダイブ。気がつけば相手ゴール前10ヤードまで進んでいる。
 残り時間は1分41秒。ここでも野々垣が中央を突いて4ヤード、残る6ヤードをRB加藤が左オフタックルを駆け上がってTD。決定的な6点をもぎ取った。
 自陣2ヤードから始まった14回の攻撃。最初の1本こそ松井への意表を突いたパスだったが、後の13回はOLとレシーバー陣が愚直に相手を押し続けて走路を開き、RBやTEが骨をきしませてもぎ取った陣地であり、TDである。まさに「魂のフットボール」と呼ぶにふさわしい内容だった。
 もちろん、この日の勝利は攻撃陣の手柄だけではない。その前に、この前の試合に引き続いて守備陣が大いに奮闘した。DLは松本、藤木を中心に中央のランプレーを阻止し、2列目の山岸、松本、松嶋はサイドから攻め込む相手ランナーを一発で仕留める。3列目も負けてはいない。小椋、岡本、小池を中心に的確なタックルとパスカバーで全く相手を進ませない。テレビ中継の情報では、前半のスタッツがランはマイナス2ヤード、パスが12ヤード。トータルで10ヤードしか進ませず、得点はもちろん、ダウンの更新さえ許さなかったのだから、その奮闘はいくら称えても称えきれない。
 しかし、それでも昨年も王者立命は、そのままで終わるようなヤワなチームではなかった。後半、怒濤のような攻めで立て続けに17点をもぎ取り、一気に流れを引き寄せてしまった。そうなると、守備陣も奮起する。絶妙のインターセプトなどを盛り込んで、ファイターズに攻撃の糸口さえ与えない。
 ヤバイ!ここは踏ん張るしかない。そう思ったときに4年生の山岸や岡本、そして3年生の小椋らが魂のタックルを見せて、決定的なチャンスを相手に与えない。
 その辛抱が最後に実った。最初に紹介した通り、ようやく攻撃権を獲得したオフェンス陣が自陣2ヤードからのシリーズを文字通り体を張り、骨をきしませた攻撃で得点に結びつけたのである。
 見たこともないほど力の入った試合という理由はここにある。関学スポーツの速報によると、試合後のインタビューで鳥内監督が「選手が腹をくくってやってくれた。それを最後まで示してくれた。きわどい場面でも押し負けなかったのが勝因」と語られたそうだが、なるほどと思った。
 いつもは辛口の監督にここまでいわせるチームはそうそうあることではない。それだけ全員が最後まで目の前の強敵に必死懸命に向かっていったということだろう。この闘争心。そして粘り強さ。まさしく「Fight Hard」であり、魂のフットボールである。感動した。
posted by コラム「スタンドから」 at 10:02| Comment(4) | in 2016 season
この記事へのコメント
初めてコメントさせて頂きます。昨日は万博競技場のスタンドで、前半終了時にこのままでは終わらないと思っていました。その思い以上の立命館の根性、諦めない精神力は敵ながらあっぱれだったと思います。でも、関学ファイターズの面々は技術は当然のこと、精神力も立命館を凌駕していました。第4Qの最後の攻撃は涙が出るくらい素晴らしかったです。勝って良かったという以上の価値のある勝利でした。この勢いで甲子園ボウルは勿論、正月も勝てるのではと思わせるくらいの勝利でした。私も先生と同じく、ファイターズの面々に感動をありがとうと声を大にして言いたいです。ありがとう。ファイターズ。
Posted by 渡辺政次 at 2016年12月05日 19:29
石井さんのコラムはチームの様子が伝わって、楽しみにしております。
関東でTwitterでの観戦(観視?)はかえって疲れました。PCの前で背筋を伸ばして拳を握りしめ、冷や汗かいていました。あっという間に14点返されてFG決められた時は、逆転を覚悟しました。立命のリターンが大きく、逆にKGが思うように進めない状況が続きました。ゴール前ディフェンスの時は、完全に固まってしまいました。次のtweetを占い結果を待つような心境でした。
「魂のフットボール」、臨場感伝えるいい表現ですね。甲子園もTV観戦ですが早稲田との初対決、今から楽しみです。
Posted by 千葉の同窓 at 2016年12月06日 13:09
会場で観戦してきました。後半はハラハラドキドキで精神的に疲れました。でもいい試合は当然精神的に疲れるものですよね。それにしても3Qに開始5分余りで2本にのTD入れられて、そこからでも崩れないとこは立派でした。あきらめない!「ここからが勝負だ!」の意気込み。実に立派でした。この試合に至る過程でも、この試合からも多くの貴重なものをいただきました。我々ファイターズのファンを何年たってもひきつけて、魅了させてくれるものがこのチームにはありますよね。甲子園でも力と知力と魂を尽くして勝利をつかんでください。私もしっかり応援します。
Posted by saka49 at 2016年12月08日 21:17
 最後のTDドライヴは圧巻でした。ボールコントロール、タイムコントロール共に素晴らしく、予め「O#で3TD」「第4Q勝負」と言っていた鳥内監督をも納得させられるシリーズだったでしょう。
Posted by Blue Blood at 2016年12月11日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。