2017年11月29日

(30)がんばろう!

 気分が落ち込んだとき、仕事で行き詰まったとき、僕には思い出しては読み返す詩がいくつかある。三好達治の「乳母車」や萩原朔太郎の「純情小曲集」。宮沢賢治が死の床で書き残した「雨ニモマケズ」にある「西ニ疲レタ母アレバ、行ッテソノ稲ノ束ヲ負イ…ササムサノナツハオロオロアルキ」という心情にも心惹かれる。
 それでも気が晴れないときには、特効薬がある。それが大学時代に出合った吉本隆明の「ちひさな群れへの挨拶」である。
 1952年に発表された長い詩だが、そこにはこんな印象的なフレーズがある。
......
ぼくはでてゆく
無数の敵のど真ん中へ
ぼくは疲れてゐる
が、ぼくの瞋(いか)りは無尽蔵だ
ぼくの孤独はほとんど極限に耐えられる
ぼくの肉体はほとんど苛酷に耐えられる
ぼくがたふれたら一つの直接性がたふれる
もたれあうことをきらった反抗がたふれる
......
 このフレーズを一人、静かに繰り返していると、疲れ切った体が生き返り、落ち込んだ気持ちが高ぶってくる。「よーし、もう一丁やったろかい」という勇気が湧いてくる。
 今夜もまた、この詩に励まされてこのコラムを書いている。
 先日の立命戦で敗れた時、僕はしばらく気持ちの整理ができなかった。もちろん、互いに意地と誇りをかけて戦う試合だから、勝つこともあるし、負けることもある。そんなことは決まり切ったことだし、実際にファイターズが敗れた試合も、何度もこの目で見ている。
 けれども、先日の敗戦は特別だった。立ち上がりの相手の攻撃で強烈なパンチをかまされ、その痛手から立ち直れないまま、気がつけば試合が終わっていたからだ。
 「もっとやれるはずだ」「ここで尻尾を巻くようなチームじゃないだろう」という歯がゆい気持ちと、怖れていたことが現実になったという、どこか冷めたような気持ちが交錯する。
 スタンドから応援している僕でさえ、そんな気持ちになるのだから、実際に戦っている選手の心情はさらに複雑だったろう。「俺たちはもっとやれるはずだ」「どこから突破口を開くのか」と自分に問い、「ともかく目の前の相手を圧倒しよう」「一対一で勝つ」と自らを叱咤し、仲間を鼓舞して戦ったに違いない。
 けれども負けは負け。目の前の敵に敗れ、戦術でも対抗出来なかったことは、スコアボードに表示された数字が示している。
 この現実からどう立ち上がるのか。途中、名古屋大学との試合があり、次なる立命戦に全力を集中できなかったチームをどう立て直すのか。
 選手、スタッフはもちろん、監督もコーチも懸命に考え、打開策を練っているはずだ。次の決戦までの限られた時間に何を選択し、何を捨てるのか。自分たちに弱点があるとすれば、それをどのようにつぶしていくのか。相手に付け入る隙があると見たら、そこをどのように突き、打ち破っていくのか。12月3日まで、残された時間は短いが、いまが勝負の時だ。気力、知力、体力のすべてを投入して取り組む時間である。
 ファイターズの諸君
 無尽蔵の瞋り(まなじりを決した怒り)を 抱いて戦え
 極限に耐えた孤独を解放せよ
 苛酷に耐えた肉体をぶつけろ
 君が倒れたら一つの直接性が倒れる
 もたれ合うことを嫌った反抗が倒れる
 12月3日、万博記念競技場での決戦。それは、ファイターズがファイターズであるための決戦である。僕はその決戦に臨む諸君に心からの声援を送る。
 ファイターズに連なるすべての人たちも同様であろう。がんばろう!
posted by コラム「スタンドから」 at 00:20| Comment(1) | in 2017 Season

2017年11月21日

(29)悔しさの総量

 悪い予感ほどよく当たる。関西リーグの優勝をかけた日曜日の立命戦がまさにそれだった。
 試合開始のはるか前に家を出発。開門待ちの列に並んでいる時から、その予感が芽生え、徐々に大きくなっていく。ただし、その正体はまだ分からない。
 スタンドに入り、いつも通りファイターズが開設するFM放送の放送席に着き、昼飯代わりにサンドイッチを食べる。やがて、放送機材の準備をしてくれるマネジャーの山本君と三浦さんが到着。用意してくれた立命の先発メンバー表を渡してくれる。それを見た瞬間、悪い予感の正体が分かった。
 相手のメンバー表には攻撃に7人、守備には10人の4年生が並んでいる。パンターまで含めれば、合計18人だ。
 つまり、昨シーズンの2度にわたるファイターズとの決戦で、2度とも敗れるという辛い経験をしたメンバーが4年生だけで18人、3年生も含めると22人もいるのだ。彼らが昨年、この万博陸上競技場で味わった屈辱と無念。それを胸に抱きしめてこの1年間、必死懸命に過ごしてきたメンバーがずらりと並んで雪辱の機会をうかがっているのである。
 対するファイターズの先発メンバー中、4年生は攻撃に5人、守備に4人。1昨年、立命に敗れた時の悔しい気持ちを実際に戦って知っている選手は、3年生を含めても10人前後しかいない。つまり、同じように攻守11人ずつのメンバーを揃えて戦っても、チームとしての悔しさの総量に、圧倒的な差があるのだ。
 もちろん、悔しさの総量によって勝敗が分かれるということはない。勝ったチームは自分たちの取り組みが勝利につながったと自信を深め、迷わずにそれまでの取り組みを深化させてくる。逆に、敗れたチームは、自分たちのやり方に迷いが生じ、それによって貴重な時間を無駄にすることもある。「悔しさの総量が勝敗を分ける」なんていう、非科学的な主張には何の根拠もない。僕が勝手に思っているだけだ。
 しかし、僕は知っている。1昨年の11月、長居のヤンマースタジアムで立命に30−27で敗れた後、その試合に出場していた当時3年生の山岸君や伊豆君、岡本君らがその後の1年間、どんな気持ちで練習に取り組み、日々どんな行動をとってきたかということを。大きなけがに悩まされながらも、必死に治療に務め、最後の立命戦に照準を合わせて戦列に戻ってきたディフェンスの松本君、小池君、松嶋君。オフェンスでも松井君、藏野君、そしてランニングバックの橋本君、野々垣君、加藤君らがけがで戦列を離れた。彼らがけがと戦い、苦労して戦列に戻り、最後の最後で最高のパフォーマンスを発揮してくれた背後には「2度とあんな悔しい思いをしたくない」「今度は絶対に勝つ。2度戦えというのなら2度とも勝つ」という強い気持ちがあったことは、彼らの行動が示している。
 例えば主将になった山岸君は、手首に故障を抱えながら、常にチーム練習の始まるはるか前から一人黙々とダミーを相手に練習を続けた。それも常に相手の切り札であるRB西村君やQB西山君の動きを想定し、いかに素早くスタートを切り、思い切ったヒットができるかだけを念頭に、延々と、納得いくまで練習し続けていた。その成果を昨年の2度にわたるライバルとの戦いで遺憾なく発揮して西村君のランを完封し、相手のファンブルを誘ったり、セーフティを奪ったりしたのは、いまも目に焼き付いている。
 伊豆君も同様だ。3年生の時、スタメンで出場しながらチームを勝利に導けなかった悔しさをバネに、レシーバー陣にパスを投げ続け、自らのパス力を向上させると同時に、レシーバー陣を鍛え続けた。今年活躍している4年生と3年生のレシーバーは、彼が育てたといっても過言ではなかろう。
 こうしたメンバーの取り組みと、それを支えてきたエネルギーの源を尋ねると、そこには純粋に「勝ちたい」という気持ちと同時に「去年の雪辱をする」「あの悔しさを2度と味わいたくない」という強い気持ちがあったことは、想像に難くない。
 昨年のシーズン終了後、山岸君とゆっくり話したとき、彼は「七斗をはね飛ばし、QBをサックしてセーフティーをとったときは、最高でした。気持ちよかった」と、心からの笑顔で語ってくれた。
 全力を尽くして勝利を求めるのがスポーツマンの本能である。悔しい思いは二度としたくない、というのもまた、その悔しさを体験した者だからいえることだろう。そう考えれば「悔しさの総量が、勝敗を分ける」という僕の言い分にも、多少の説得力があるのではないか。
 次なる立命との決戦では、ファイターズの方が「悔しさの総量」では上回るはずだ。もちろん、その前に名古屋大学との戦いに勝つことが求められるが、それはそれ、常に今回の雪辱を意識して次なる取り組みを進めてもらいたい。
 時間は限られている。前回の戦い方の反省は必要だが、敗れたことを後悔しているゆとりはない。ひたすら前を向き、この1年間に準備してきたことのすべてを発揮してほしい。チームの全員が悔しさをエネルギーにして取り組めば道は開ける。僕はそれを信じている。
posted by コラム「スタンドから」 at 07:48| Comment(2) | in 2017 Season

2017年11月14日

(28)「一番勝ちたい相手に勝て。」

 立命戦まであと5日。ファイターズのホームページには、その試合を告知するニュースが日々更新されている。14日は練習前にファイターズの記者会見があり、練習も一部公開された。それを伝える新聞各紙の記事などにざっと目を通しつつ、このコラムを書き始めている。
 記者会見での監督や選手の発言は、関学スポーツに詳しい。選手一人一人の発言も興味深いが、とりわけ鳥内監督の言葉が真に迫っている。詳しくは関学スポーツのホームページをみてもらうとして、僕には冒頭の「現状はガタガタ。スカウトメンバーが頑張って、それにやられている状況」という言葉に注目した。
 長年、ファイターズを指導されてきた監督の目は厳しい。常に「目の前の相手に、それで勝てるのか」という物差しで物事を判断される。自分では「今日はよくできた」と思ったり、仲間から「なかなかええやん」と言ってもらえたりしても、それはチーム内での物差し。相手チームのメンバーを一人一人思い浮かべ、グラウンドに立つ一人一人のメンバー全員が、誰一人欠けることなく相手に勝てるのか、本当に勝つための練習ができているのか、という物差しで計れば「現状はガタガタ」と見えるのだろう。
 週末ごとに練習を見せてもらっている僕の目から見ても、時には監督の懸念されるような状況が見えてくる。例えば、授業を終えてグラウンドに向かう選手の足取りや表情。毎年、決戦を控えたこの時期になると、1分でも早くグラウンドへ、と坂道を駆け上がって来る選手が増えるが、今年はどうか。そういう物差しで見ると、僕の胸中には、ときに弱気の虫が顔を出すのである。
 もちろん、チームのど真ん中にいて活動している選手、スタッフの気持ち、立ち位置は明確である。それはチームの練習が始まるはるか前から自発的に取り組んでいるメンバーの表情からもうかがえるし、それを支えるトレーナー、マネジャー、分析スタッフの行動からも見て取れる。なかでも、いま学生会館などに張り出されている立命戦の告知ポスターのコピーが心強い。
 「一番勝ちたい相手に勝て。」
 この一言である。武士に二言はない。一番勝ちたい相手に勝つしかないのである。
 聞けば、このコピーは2年生マネジャーの橋本典子さん(1年生の時から同期のマネジャー三浦麻美さん、安在海人君とともにチームを支えている「ナイス3人組」の一人である)が考え出し、それに周囲が賛同して採用されたそうだ。
 「一番勝ちたい相手に勝て」。この言葉に奮い立たなければ男ではない。チームを最優先にして活動している人間なら、全員がこの言葉、この気持ちを共有できるはずだ。この気持ちが共有できるなら、必死懸命に練習に取り組み、試合で最善を尽くすしかない。
 もう20年以上前のことになるが、京大が恐ろしいほど強かった時代に、朝日新聞の記者として水野弥一監督を取材したことがある。そのときの言葉の断片がいまも記憶に残っている。
 「全力を尽くします、というだけなら誰でもできる。僕は一升の水しか入らない瓶に1升2合の水を入れろ。それができてこそ全力を尽くしたことになる。僕は選手に、いつもそう求めています」
 細かいニュアンスは忘れたが、要旨はそういうことだった。
 「一番勝ちたい相手に勝て」。2年生のマネジャーが考え出した試合告知ポスターのコピーにも、それに通じる迫力がある。
 この言葉を裏切ってはならない。水野さんの言葉を借りるなら、1升瓶に1升2合の水を入れるべく必死にもがきつづけるしかないのである。
 ファイターズとは、そういう強い意志を持って戦う人間の集団である。そのことを全員が胸に刻み、決戦に挑んでもらいたい。健闘を祈る。
posted by コラム「スタンドから」 at 23:52| Comment(1) | in 2017 Season

2017年11月08日

(27)激闘

 長い間フットボールを見てきたが、先週末の関大戦では、生まれて初めて出合った驚愕のプレーを生で見る感動を味わった。
 それは第2Qの終了間際、相手のキッカーがフィールドゴール(FG)を狙って蹴ったボールをゴールライン内でキャッチし、グラウンドの左を突き、右サイドに切り返して、そのまま自陣ゴールまで100ヤードを走り切ってTDに持ち込んだDB小椋のプレーである。
 あらかじめFGが外れることを予期してゴールポスト近くに彼だけを配置したベンチの作戦もすごいと思ったし、予測通りにゴールから外れたボールをキャッチした小椋が走れるように、執拗に相手守備陣をブロックし続けたキッキングチームもすごかった。そして何よりも素晴らしかったのが、ファイターズでも1、2を競うアスリート小椋。FGを狙ったボールが外れると、ゴールポストのすぐ右側でキャッチ。一度左に展開し、走路が詰まっていると見た瞬間、右サイドに切り返し、トップスピードに乗ってからは、一気にライン際を駆け上がった。
 とっさの判断力とそれを支える身体能力。さらには、相手守備陣を翻弄した強力なブロッカー陣。双方が完璧にフォローしあって、世にも珍しいFGリターンTDが完成した。
 試合後、どの記者よりも早く小椋君に近付き「あんなプレー、最初から想定していたの」と聞くと、「いやー、とてもそこまでは。でも、一度左を突いて、即座に右に切り返す場面は、カレッジフットボールのビデオでもたまに見掛けるので、チャンスがあったらやってみたいと思っていました」という答えが返ってきた。
 でも、表情からは「してやったり」というオーラが全開。普段から気合いを入れて取り組んできた成果だと僕は受け止めた。
 そういえば、この場面が目の前に現れた直後のハーフタイムのことである。この日、競技場内のFM放送を担当されていた小野ディレクターから「鳥内監督から常々、フィールドゴールからのリターンは、狙ってみる価値があると聞かされてきた」「FGを狙う場面では通常、キッカーを守るために強力なラインのメンバーを揃える。体はデカイが走るのが苦手な選手が多いということだ。最初にぶつかる走力のあるメンバーを交わしてしまえば、きっと独走のチャンスが来るという理屈だ」という話を聞いた。
 その話を聞いて「なるほど、そういう仕組みか。これはぜひとも、小椋君に取材しなければ」と思ったのである。
 さて、試合に戻ろう。
 先週の日曜日は、関西大学との決戦。両チームの対戦は毎年、その年の戦力とは関係なく、ライバル意識をむき出しにした激しい戦いになる。関大が3勝2敗、ファイターズが5連勝で迎えた今年も、期待に違わず、一進一退の厳しい戦いになった。
 ファイターズのレシーブで試合開始。最初の攻防は両チームともに決め手がなく、2度目の攻撃シリーズは自陣40ヤードから。まずはRB高松が8ヤード、山口が10ヤードを走って相手陣に入り、次はQB西野がWR亀山に10ヤードのパス。残り32ヤードから西野が相手ゴールにパスを投げ込んだ。これを長身WR松井が見事にキャッチ、K小川のキックも決まってファイターズが7−0とリードする。
 関大も負けてはいない。すぐさま反撃に転じ、ファイターズ守備陣の手痛い反則もあって、わずか7プレーで同点に追いつく。予想はしていたが、難しい試合になりそうだ。
 案の定、双方とも守備陣が健闘して、しばらくはセンターラインを挟んでの力比べが続く。ようやく第2Qの後半、突破口を開いたのはファイターズ。自陣46ヤード付近から始まった攻撃を西野から松井へのパス、高松の18ヤードラン、西野のドロープレーで一気に空いてゴールに迫り、仕上げは高松がゴールに走り込んでTD。再びリードを奪う。しかし、TD後の1点を狙ったキックが蹴れず、ここは6点止まり。TD1本で逆転の可能性を残してしまった。
 思わぬ展開に動揺するファイターズ守備陣。その隙をついて関大が反撃。2Q終了直前、47ヤードのFGを狙う。相手キッカーが蹴ったボールは見事にバーを越え、ゴール成功、と思った瞬間、関大側に反則のフラッグ。10ヤードの罰退がコールされる。あえて57ヤードのFGに賭けるか、それとも一発逆転を狙って起死回生のプレーを選択するか。
 高い能力を持つキッカーを有する関大サイドが選んだのは、再びのFGチャレンジ。渾身の気合いを込めて蹴ったところで、冒頭の場面につながる。
 ともあれ、相手が最初のFGで反則を犯していなかったら、前半は13−10。ファイターズ3点リードで終わるところだったが、2度目のFGは失敗し、逆にファイターズがキックリターンTDと2ポイントのプレーを決めたことで一気に21−7と差が開いた。
 迎えた第3Q。関大最初の攻撃シリーズはFGによる3点。その直後、ファイターズの攻撃は、相手キックがタッチバックとなり、自陣25ヤードから。最初のランプレーこそ進まなかったが、第2プレーで西野からのパスを松井がキャッチして19ヤードを前進。次はRB山口がドロープレーから相手守備陣を抜き、44ヤードを独走。ランプレーを挟んで西野のQBドロー。WR前田泰のブロックも決まって余裕のTD。小川のキックも成功して18点差をつける。
 しかし、関大の闘志も衰えない。ファイターズ守備陣の反則にもつけ込んで一気に陣地を挽回。第4Q開始早々にTDを返して追い上げる。
 相手が勢い付いてくれば、ファイターズの攻撃陣も奮起する。今度は自陣27ヤードからQB光藤がドロープレーで守備の第一列を突破、巧妙にブロッカーを使って63ヤードを独走する。残る10ヤードを山口が突破してTD。わずか3プレーで再び18点差。一息ついたと思ったが、即座に関大も反撃。あわやTDかと思わせるようなリターンで陣地を進め、即座にFGを決めて再び追い上げる。
 やっかいなことになってきた。オンサイドキックを決めて攻撃権をとられると、たちまち守勢に回ると心配していたら、案の定、相手も短いキックを仕掛けてくる。ここは、前田泰が冷静にキャッチして、ファイターズはセンターライン付近からの攻撃。
 まずは高松が13ヤードを走り、次は光藤から松井へTDを狙った長いパス。相手DBがたまらずインターフェア。残り22ヤードから山口が中央を突破し、あわやTDというところまで走り切る。残る数インチを高松が走り込んでTD。点差を22点に広げる。この辺り、攻める方は両チームとも完全に「ゾーンに入った」状態。互いに一歩も譲らず、トップレベルの個人技で点を奪い合う状態である。
 その証拠が次の関大の攻撃。小川がゴールラインまで蹴り込んだキックを捕った相手リターナーが、今度は一気に100ヤードを走り切ってリターンTD。再び14点差となって、勝負の行方は混沌としてくる。
 これを断ち切ったのが、ファイターズのディフェンス。残り時間約3分、ファイターズゴール前7ヤードという場面で、DB吉野が起死回生のインターセプト。一気に46ヤードをリターンしてようやく激戦に決着をつけた。
 それにしても12分計時の試合、それも優勝の行方を左右する試合で、双方ともに100ヤードのリターンタッチダウンを決めるなんて、劇画でも想像できないような派手な展開である。一つ一つのTDのシーンを見ても、双方が練りに練ったプレーを選択し、それに選手がきっちり応えて互いに点を奪い合う。互いのベンチが強力な決め手を持った選手を惜しみなく投入し、その期待にそれぞれの選手が応えてくれたからだろう。
 ファイターズの攻撃でいえば、強力な突破力を持つRBの山口、スピードに乗ってキレキレの走りをする高松。それを支えたOL陣とTEの三木。高いパス捕球能力とブロック力を兼ね揃えたレシーバー陣。前半は西野、後半は光藤が出場し、それぞれに見せ場を作ったQB陣。守備でいえば柴田、藤木、寺岡、三笠が先発したDL、残念な反則が二つもあったが、それを引きずることなく踏ん張った松本、海崎らのLB陣。そして終始、守備のリーダーとして活躍したDB小椋。最後の最後で男を上げたDB吉野……。
 そうした選手が攻守ともに強力な決め手を持つ関大を相手に存分に力を発揮したことは心強い。次節、立命館との決戦に向けて、彼らに続く選手が一人でも多く出て欲しい。期待し、注目して待っている。
posted by コラム「スタンドから」 at 10:22| Comment(1) | in 2017 Season