2016年04月09日

(2)4年間の総括

 咲くのが遅かった今年の桜も、ようやく満開を過ぎ、昨日(金曜日)は散り染め。大学の正門に続く「学園花通り」の桜も、学内の桜も、盛んに花びらをまき散らせていた。
 とりわけ見事だったのが日本庭園。周囲を建物に囲まれ、こぢんまりした場所にあるせいか、庭にも池にも散った花びらがびっしり。花筏(いかだ)とか、花の絨毯(じゅうたん)とかいう言葉がぴったりの素晴らしさだった。
 桜が咲き、散って、新しいチームがスタートすると、当然のことに、昨年のチームを支えた4年生の姿は消える。けれども、彼、彼女たちは今年もまた、チームに大切なものを残してくれた。恒例の卒業文集である。選手として、スタッフとして、さらには高等部、中学部コーチとして、ファイターズで過ごした38人全員が自分の言葉で4年間を振り返り、総括してファイターズの現役生活を締めくくっている。
 それぞれが魂のこもった文章である。いつも座右に置いて何度も何度も読ませていただいているが、それぞれの顔や行動を思い浮かべながら読むと、興味はひとしお。全員の分をそのままこのコラムで紹介したいところだが、あくまでもチーム内に限定した文集である。チームのメンバー以外には公開しないという原則で、それぞれの胸の内を思いっきり書き込んだ内容だから、僕が勝手に公開するわけにはいかない。
 それでも、ファイターズというチームの真実を知っていただくためには、せめてこれだけは紹介させていただきたい、という文章がある。文集を編集された小野ディレクターの了解を得た上で、その中から二本のエッセンスを紹介させていただく。
 一本目は、LB作道君、43番の「峠」。
 「引退から数カ月たつ今でも『こうすればもっと上手くなれるな』『こうすればもっと面白いディフェンスが作れるな』というアイデアが浮かんでくる。それは後悔から生まれるわけでなく、ふと浮かんでくるという感じに近い。(略)これがファイターズの強さの核であり、一人前の男になるためのとても大事なことである」
と書き始め、
 「チームの勝敗に責任を持って行動するからファイターズの4年なのだ」
 「誰かがやってくれる、なんていう根拠のない希望にすがって、ただしんどいだけの1年間を送らないでほしい。自らがチームを率い、自らがチームを勝たせろ。きっと自分にしかできないことが見えてくる」
 「昨年のシーズン、私には多くの反省はあれども後悔はない。もちろん君たちには勝ってほしい、ただそれ以上に後悔を持ってほしくはない。やり切ってほしい。そのためにも、目の前に『しんどい道』と『そうではない道』がある時、迷ってもいいから『しんどい道』を選んでほしい」
と結ぶ。
 副将としてチームを引っ張ってきた人間にしか口にできない言葉である。「反省はあれども後悔はない」と言い切ったところに、彼がこのチームにかけたことの「重さ」が現れている。あえて「しんどい道を選べ」といい、「自らがチームを勝たせろ」と後輩に言い残したところにリーダーとしての責任感がうかがえる。
 ちなみに「峠」というタイトルは「僕が好きな本のタイトル」とある。多分、司馬遼太郎の「峠」のことであろう。幕末、戊辰戦争で理不尽な攻撃を仕掛けてきた官軍に抗し、徹底的に戦った越後・長岡藩家老、河井継之助の生き方への共感が作道君をして「好きな本」といわせたのだろう。僕も同感である。彼が「しんどい道」を選んで苦闘しているときに、この話を知っていたら、互いに「河井継之助」を語り合い、大いに盛り上がれたのにと、いま思うと残念至極である。
 本題に戻る。
 二本目はRB山崎君、35番の「拝啓、最高の三流プレーヤー達へ」
 これは、自らを「最高の三流プレーヤー」と称する山崎君の悔恨の文章であり、同時に蘇生(そせい)の報告である。彼はこんなことを書いている。
 「最終学年になり、自分の役割を果たすことをせず、集中の切れていた私は心底滅入っていた(略)アメフットの練習もミーティングもすべて大嫌いだった」
 しかし「シーズン終盤になり練習の中で高い満足感と喜びを感じる時間ができた。作道はじめLBとのフルタックルだ。あれは楽しかった。自分が相手を吹き飛ばすのが好きであったし、肉弾戦のあの衝撃や身体中からあふれ出る闘争心やアドレナリンにワクワクした。しかもこの練習はLBのスキルをより実戦的に、また飛躍的に向上させ、また自分の強みも磨かれており、それが試合に大きな効果をもたらしているという実感が得られた。なにより、この練習は自分にしかできないことという事実が私の自信となった」
 「さらに言うならば、作道らLBが堕落した私を救い出してくれたといってもいいかもしれない。毎度、これはおまえにしかできない、といわれて嬉しかったし、そのおかげでどれだけボロボロになっても、アザだらけでも必ず引き受け、また自分からも申し込んだ」
 この話の一端は、昨年11月2日「練習台のプライド」というタイトルでこのコラムでも紹介している。それを当人が自分の言葉で書いているのを読んで、僕には熱いものがこみ上げてきた。
 たとえ、外部からみれば「三流のプレーヤー」「練習台」であっても、それは「最高の」三流であり練習台である。それが最高であり「おまえにしかできないこと」を成し遂げることによって、チームは強くなり、自身も充実感が得られる。それこそがファイターズの目指す課外活動であると心から同意したからである。
 200人もの部員が活動するファイターズでは、それぞれの構成員がいつも光を浴びるわけではない。面白くない、辞めたいという人間も必ず出てくる。けれども、山崎君のように、どこかに自分の役割を見つけ、ボロボロになってもアザだらけになっても、その役割を果たす人間も出てくる。そこがファイターズがファイターズである由縁であろう。それを自分にしか書けない言葉で表現していることに感動したからである。
 甲子園ボウルで勝って日本一を達成した年の卒業文集もいいが、一歩及ばず敗れた年の文集はさらに素晴らしい。珠玉という言葉がぴったりの、作道君と山崎君の文章を読み返していると、つらい敗戦のショックが薄れてくる。明日への希望が湧いてくる。新しいシーズンへの期待が高まってくる。
posted by コラム「スタンドから」 at 14:41| Comment(0) | in 2016 season