2015年10月28日

(28)手応えあり

 25日の日曜日。関西リーグ第5節の相手は近大。前半の4試合は、下位チームを相手に1勝3敗と今ひとつ波に乗り切れていないが、実績のあるRBを中心に才能を感じさせる選手が少なくない。後ろに控える関大、立命との戦いを前に、すっきりと勝って勢いを付けたい相手だった。
 試合は関学がレシーブを選択。それを計算したように、近大はいきなりのオンサイドキック。両軍がもみ合い、近大がボールを確保したかに見えたが、審判の判定は10ヤード転がる前に手を触れたということで、相手陣43ヤードからファイターズの攻撃。
 第1プレーはQB伊豆がRB野々垣にハンドオフしたが、その瞬間、近大デフェンスに突っ込まれてマイナス3ヤード。最初のオンサイドキックといい、このプレーといい、近大が周到に準備したことがうかがえるプレーが二つも続いて、スタンドがざわつく。
 しかし、伊豆はあくまで冷静。第2ダウン13ヤードからWR亀山にヒッチパス。それを確保した亀山が右サイドを駆け上がり、23ヤードのゲイン。続いて左サイドのWR前田泰に9ヤードのパス。残る14ヤードをRB高松が走り抜けてTD。わずか4プレー、1分少々の鮮やかな攻撃だった。西岡のKも決まって7−0。試合の主導権をがっちり確保する。
 攻撃にリズムが出ると、守備も集中する。相手陣17ヤードから始まった近大の3プレー目のパスをLB松本和がインターセプトし、14ヤードを走って攻守交代。ゴール前12ヤードからの攻撃を野々垣のランで2ヤード。次は伊豆がゴール左隅に浮かせたパスを長身のWR松井がキャッチしたが、わずかにラインを超えて失敗。しかし、残る8ヤードを伊豆のキープと高松のランであっさりTDに結び付け14−0。試合開始から4分も経たない間の速攻だった。
 こうなると守備陣も調子づく。DL小川のQBサックなどでまたも相手を完封。自陣46ヤードからファイターズの攻撃につなげる。
 ファイターズ3回目のオフェンスは、パス、パス、パス。亀山、松井、TE山本に短いパスを3本続けて通し、ゴール前17ヤード。仕上げは野々垣が中央を走り抜けてTD。近大陣46ヤードから始まった4回目のオフェンスも伊豆からWR藤原へのパス、RB山口のランの2プレーでゴール前6ヤードに迫る。ここでホールディングの反則があったが、高松が委細構わず15ヤードを走り切って4本目のTD。
 この間、時間にして11分少々。まだ第1Qも終わっていないのに得点は28−0。グラウンドはファイターズ祭りの様相である。
 第2Qに入ってもファイターズの攻守はかみ合う。近大陣36ヤードから始まったファイターズの第5シリーズは、いきなり伊豆から松井に35ヤードのパスが決まり、ゴール前1ヤード。ここは山口が簡単に走り込み、わずか2回の攻撃でTD。ここでQBを控えの中根に交代させたが、その中根も自陣34ヤードからWR水野にスクリーンパスをヒットさせる。ボールを確保した水野が抜群のスピードで左サイドを走りきってまたまたTD。
 試合開始から15分少々。オフェンスのプレー数は合計22回。わずかそれだけのプレーで6本のTDを奪取。西岡もキックをことごとく決めて42−0。守備もその間、一度も相手にファーストダウンを与えない健闘だった。
 長い歳月、ファイターズの試合を見ているが、攻守ともここまで完璧な試合は見たことがない。試合開始の第1プレー。練りに練ったオンサイドキックが不成功になって、一瞬動揺した相手の隙を突いてたたみかけたとはいえ、6回の攻撃シリーズを短い時間でことごとくTDに結び付けたオフェンス。1列目と2列目、そして3列目が有機的に連携し、アリ一匹通さないような守備を続けたデフェンス。ともに素晴らしい内容だった。ベンチも選手も、次に控える関大、立命戦を前に「手応え有り」と確信したのではないか。
 しかし、この試合の前日に戦われた立命と関大の試合を見た人によると、立命の守備陣がすごいそうだ。攻撃でも「異次元」のRBが縦横に走っており、とてもとてもやっかいな相手らしい。
 その前に戦わなければならない関大も、立命相手には攻撃がちぐはぐだったというが、捲土重来、ファイターズ相手には何を仕掛けてくるか分からない。元々力のあるタレントが揃っているうえ、ファイターズを破れば優勝の可能性が残る。当然、死にものぐるいの戦いになるのは目に見えている。
 そんな二つの強敵にどう挑むか。これからの1分、1秒が勝負である。近大との戦いでつかんだ「手応え」に、さらに磨きをかけ、存分に戦ってもらいたい。これからの試合に焦点を当て、長いリハビリ生活を続けてきた選手たちを含め、まだまだ、時間は残されている。
posted by コラム「スタンドから」 at 08:12| Comment(0) | in 2015 season

2015年10月21日

(27)丸刈りのコーチ

 新聞記者の名刺を持って48年。長ければいいということでもないが、それでも半世紀近く一つの仕事に専念していると、目に映るものを捉える感覚は磨かれてくる。目に映った景色の奥にあるものを想像する力もそれなりに備わってくる。そして、それを言葉にする技術も、といいたいところだが、それに関してはまだ自信がない。
 例えば、先日の神戸大学との試合会場では、こんな光景を見つけた。
 アシスタントコーチを務めている梅本君が頭をつるつるに丸めていたのである。
 試合の始まる前に、あれっと気付いたのだが、キックオフを前にした緊張した場面で、本人に声を掛けるのは、あまりにも失礼だ。だが、なぜ、どうして、と疑問が頭を駆け巡る。リーグ戦が始まって3試合。レシーバーとQBの連携が今ひとつしっくりいかないからか。あるいは、自分が担当しているレシーバー陣がなかなか力を発揮できないことにムカついたのか。日ごろの取り組みに、コーチが頭を丸めなければならないほどの問題が起きたのか。想像が想像を呼ぶ。
 それでも、試合中はとにかくゲームのレポートに集中。試合終了を待ちかねて、本人に話を聞いた。
 「気合いを入れようと思って」「レシーバーがあまりにピリッとしないので、ここは僕がカタチに表すしかないと思いました」。そう答えてくれた彼の表情は真剣そのもの。
 たしか前々日までは、就職先の内定式に出るような髪型をしていたのに、というと「昨日、橋本(主将)に刈ってもらいました」という答えが返ってきた。
 たしかに、副将の木下君が先発した2戦目の京大戦こそ、彼の活躍と1年生WR松井君の衝撃的なデビューがあってパス攻撃が機能したが、初戦の桃山学院、3戦目の龍谷大との戦いでは、明らかにレシーバー陣がQB伊豆君の足を引っ張っていた。目立つのは守備陣とランオフェンスばかり。難敵が次々に登場するリーグの後半戦を見据えると、期待の1、2年生レシーバーもQBも、さらには歴代最強といわれるOL陣も、もう1段階も2段階も上げていかなければならないというのが、正直な感想だった。
 その辺を危惧した話は、龍谷大との試合後のコラムに書いたが、思わず「パスの関学はどこへ行ったんや」と嘆きたくなるほどの3試合だった。
 そんなときに「橋本に刈ってもらった」という梅本君の話を聞き、新聞記者の想像力にスイッチが入った。
 場所は、4年生の幹部が住み込んでいるファイターズホール。夜遅くまで続いたミーティングで、いろんな反省の言葉が出た後、腹を固めたアシスタントコーチが「俺、坊主になるわ。橋本、刈ってくれ」と、主将に声を掛ける。
 「ええっ」と思いながら、それでも電動バリカンを手にする主将。いざ、先輩の髪にバリカンを入れる時、胸中にどんな思いがよぎったろう。
 「俺たちが至らないばかりに、先輩が坊主になる」「先輩に、コーチに、こんな思いをさせたらあかん」「俺たち4年生が死ぬ気になって頑張らなあかん」「言葉でなく、行動で見せな!」
 僕が思うに、丸坊主にしてくれ、といった方も、それを実行する方も、多分、こんな言葉は口にしなかっただろう。けれども、新聞記者半世紀の経験から想像すれば、互いに胸の奥深いところで、上記のような「会話」を交わし、よし、俺がチームを覚醒させる、俺たちがチームを変えてやる、と固く誓ったに違いない。
 アシスタントコーチと主将。いまは立場が異なっているが、現役時代でいえば4年生と2年生。同じファイターズで同じ楕円球を追い、日本1を目指して頑張ってきた仲間である。だからこそ無言の「会話」が成り立つ。言葉に表さなくても、胸の奥深く、腹の底まで染み込む「会話」が交わされたに違いない。
 4戦目、神戸大学戦で見せた、まるで別のチームのようなパス攻撃がそれを証明している。2年生前田泰が8回147ヤード、1年生松井が4回118ヤード、そして先週紹介したJVリーダーの木村が2回47ヤード。QB伊豆や中根、百田のパスもよかったが、それをしっかり受け止めたWR陣の活躍は「奮起」「覚醒」という言葉こそふさわしい。
 大げさに言えば、ここにファイターズにおけるアシスタントコーチの役割がある。監督やコーチと選手、スタッフの関係は、他のどのチームにもないほど風通しがよいが、それでも、相手は年齢の離れた大人であり、どうしても指示を出す側と、それを受け止める側の関係になる。
 けれども、留年してアシスタントコーチを務めているメンバーは、つい先日まで、同じグラウンドで汗を流し、涙をともにした仲間である。立場からいえば指導する側ではあるが、学生にとってはなにかと頼りになる兄貴であり、時には格好の練習台を務めてくれる存在である。
 梅本君だけではない。今年も就職活動が終わった順に、次々とアシスタントコーチを務める5年生がグラウンドに顔を出し、練習台を務めている。OLの油谷君、OLとTE、DLとLBを必要に応じて使い分ける森岡君、同じくRBとLBの双方を務める西山君、スカウトチームのQBとレシーバーを務める松岡君。RBの飯田君は夏合宿で膝に大けがをし、手術を終えたばかりというのに、足を引きずりながら練習に顔を出し、にこにこと後輩の動きを見守っている。ディフェンスでは神様と呼ばれるLBの吉原君が常連だ。トレーナーの黒田君やK三輪君の顔も見える。
 彼らもまた、僕の気付かないところで、後輩たちの悩みを聞き、飯をおごり、そして問題解決の手掛かりを与えているのだろう。
 毎年、顔ぶれは変わっても、こういう頼もしい先輩に支えられて成長し、一人前の人間になっていくのがファイターズである。
posted by コラム「スタンドから」 at 08:36| Comment(1) | in 2015 season

2015年10月12日

(26)涙の出るプレー

 木曜日は紀州・田辺の新聞社から上ヶ原のグラウンドに直行。金曜日は大学の授業。土曜日は早朝から前日の授業で受講生に書かせた小論文の採点と講評。半分だけ済ませて王子スタジアムに駆けつけ、ファイターズの応援。一度西宮の自宅に帰って喪服に着替え、夕方、三田市の葬儀場へ。子どもの頃から世話になった親戚のおじさん(享年92歳)のお通夜である。
 今週は、日曜日も本業の新聞社で仕事があるので、夜明け前に西宮を出発して紀州・田辺に直行。半分、寝ぼけた頭から「TPPと紀州のミカン農家」をテーマにしたコラムをひねりだし、なんとか役割を果たす。世間は3連休というのに、今月末で71歳になる爺さんは東奔西走。この3日間の車の走行距離は400キロを超えている。
 今夜は、手作りの夕食を「うまい! 俺はなんて料理がうまいんだろう」と自分で自分をほめながら腹を満たし、疲れた体を長風呂でほぐしてほっと一息。コーヒーを一杯飲んで、ようやくいま、ファイターズのコラムを書く順番がめぐってきた。
 さて、本題である。
 午前11時30分キックオフという早い時間帯から始まった神戸大学との試合は、終始、ファイターズのペース。立ち上がり、先攻の神戸の攻撃をいきなりDL小川のパスカット、LB作道の激しいタックルで簡単にパントに追い込み、自陣25ヤードからファイターズの最初の攻撃シリーズが始まる。
 まずQB伊豆がWR前田に3本連続でパスをヒット。3ヤード、10ヤード、32ヤードと確実に陣地を進める。守備陣の意識をパスに引きつけた後、4プレー目はRB山口が16ヤードを走り、仕上げはRB野々垣が中央14ヤードを突き抜けてTD。わずか5プレーで75ヤードを進める鮮やかな攻撃を展開する。
 次の神戸の攻撃も3プレーでパントに追いやり、自陣34ヤードから再びファイターズの攻撃。今度は第1プレーで伊豆からWR松井に47ヤードのパス。簡単に相手ゴール前18ヤードに陣地を進め、そこから今度はRB高松、山口、野々垣に連続してボールを持たせ、ここもわずか5プレーでTDに結び付ける。K西岡のキックも決まって、1Q半ばというのに14−0とリードを広げる。
 2回の攻撃シリーズに要したプレー数は計10回。そのうち短いパス2本、長いパス2本をすべて成功させて陣地を進め、残る6回は野々垣、高松、山口に2回ずつボールを持たせてTDにつなげる。守備は2度とも相手を完封し、攻撃はこれ以上は望めないほどの美しいプレーで、相手を圧倒する。ともに「これが今年のファイターズだ」と宣言したような立ち上がりで、過去3戦とは雲泥の差があった。
 伊豆の仕上がり具合に満足したのか、ベンチは2Qの半ばからQBを中根にスイッチ。中根もまた万全のオフェンスラインに守られてのびのびとプレーする。前田にいきなり35ヤードのパスを通してゴール前17ヤードに迫ると、そこからは山口、野々垣が走って残り3ヤード。そこはお約束のように山口が走ってTD。自陣35ヤードから始まった続くシリーズでも松井への54ヤードパスなどで一気に陣地を進め、仕上げはFB市原への1ヤードパス。これまた二つのシリーズあわせて12プレーという無駄のない攻撃で前半を28−0で折り返す。
 驚いたのは後半の立ち上がり、自陣30ヤードから始まったファイターズの攻撃。中根からピッチを受けた山口があれよあれよという間に左サイドを駆け上がり、70ヤードを走り切ってTD。ボールを手にしてからの縦に上がるスピード、守備陣とブロッカーの動きを見ながら走る余裕。この日、2本のロングパスをこともなげに捕球した松井とともに、今春入部した1年生とは思えないほどのすごみを見せたシーンだった。
 場内の興奮、相手カバーチームの動揺が冷めやらぬ中、ファイターズのPATはロンリーセンターの体型からホールダーの石井がWR池田にパス。それが見事に決まって2点をもぎ取る。油断も隙もないチャレンジで、試合を支配し続ける。
 4Q残り3分少々というところで、ファイターズはQBを2年生の百田に交代させ、前節の龍谷大戦で8本中7本のパスを通した力が本物かどうかを試す。
 1回目のシリーズは2本のパスを失敗し、簡単にパントに追いやられたが、2回目のシリーズ、自陣42ヤードから始まった攻撃では、いきなりWR木村に43ヤードのパスをヒット。自慢の強肩を披露する。さらに同じ木村に今度は短いパスを通して残り10ヤード。そこから自身のスクランブルでゴール前1ヤードに迫り、仕上げはRB山本の中央ダイブ。試合経験の少ない百田にとっては、首脳陣にアピールする貴重なTDとなった。
 ただし、このシリーズで僕が拍手を送ったのは、百田のパスをキャッチした4年生の木村である。1本目の長いパスも、2本目の短いパスも結構難しいコースに飛んできたが、2本とも見事に捕球したからだ。彼は2年生の頃はJV戦で活躍していたが、上級生になってからはもっぱらJVレシーバーたちのリーダー役。今季の関西リーグで試合に出場したのも、パスが飛んできたのもおそらく初めてではなかったか。その滅多にない機会を2度とも成功させたのだが、そこに僕は控えプレーヤーの意地を見た。チームの期待が集まる後輩QBを俺のキャッチで育ててやるというプライドを感じたのである。
 彼の二つのプレーを見て、これがファイターズの上級生だ、これが控え選手のプライドだと思うと、なんだか心がぽかぽかし、涙が出そうになった。
posted by コラム「スタンドから」 at 12:09| Comment(2) | in 2015 season